新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リスク管理という観点からすれば、Better safe than sorryということになるだろうし、外交的には中国国内で「WHOが中国の迅速な対応を評価した」という評価に打撃を与え、トランプ大統領が「中国の透明性に感謝する」という発言をしたことに対する否定でもある(アメリカも渡航禁止を発令)。いずれにしても中国の国際的な孤立感を高めることになるが、パンデミックが収まるまでの話なので、国際秩序の変化ということにはならないだろう。この期間に中国にマスクを送るなどの支援は積極的に行っていくべき。
私もコロナウィルスの拡散防止の観点から、現在住んでいるシンガポールから日本への来週の出張をキャンセルすることにしました。私が空港や機内を通過することによる、東京でお会いする方々への感染リスクを回避するためです。またお会い頂く皆さんに不安を与えることも避けたいと考えました。

シンガポールオフィスでは、日本本社や地域本社が速やかにガイドラインを打ち出し、ある条件下の社員は2週間程度の在宅勤務をし始めています。私の同僚も、ルームメイトが明日中国から帰国するため、来週から2週間の在宅勤務を予定しています。

少しでも早く、事態が収束することを願っています。
結論をひていしませんが、ウルムチから海南島、ハルピンまでふくまれますから、広域的すぎてむしろよく分からないので出しているという印象です。スペイン風邪が発生してヨーロッパ全域に渡航自粛を呼びかけるようなものです。
アメリカの渡航禁止と比べると、はっきりしない対応です。

新型コロナウイルスの拡大は防ぎたいが、中国との関係もあり、日本企業の業績も気になるという玉虫色な判断なのでしょう。

日本らしいです。
渡航は自分で決めれるか、参考程度にすればよい。中国からの入国を危険度に合わせて制限するべき。
この規模でパンデミックに分類したら、インフルエンザは毎年パンデミック
リスク管理において、賢明な判断ではなかろうか。