新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日頃から指標を見ている立場からすれば、そんなことは経産省の試算値などにより、かなり前からわかってたじゃんといった感じです。
このため来月公表のGDPも、昨年1-3月期のように輸入が大幅に減ったりしなければ、大幅マイナス成長は規定路線です。
こんな状況は一昨年11月から続いているのに、景気後退が認定されないのは何か大きな力が働いているとしか考えられません。
出遅れたコメントですが、今回の鉱工業生産のポイントは、1〜2月の生産計画の急回復だと思います。その牽引役が、振れの大きい設備向け機械と電子デバイスなので、いささか不安が残るところですが、もし計画に沿った回復の動きになるのなら、10〜12月期の落ち込みは完全に元に戻ることになります。
“戦後最長の経済成長”の後半を支えた世界経済が減速して輸出が減り、製造業の生産活動が低迷しているのは間違いなさそうですね。生産活動が低迷する中で情報化投資などを中心に設備投資が堅調で、非製造業の活動も足元の景気を支えています。コロナウィルス騒ぎなどのショックが加わって、製造業の弱さが非製造業や設備投資に伝染しなければいいのですが・・・ (・。・;
経済産業省によれば「10月、11月の低下幅を考えると、戻りとしては大きくない。(中略)12月の基調判断としては「生産は弱含み」を据え置き」。
生産は持ち直しましたが出荷はそれほどでもなく在庫が嵩む状況。1月に在庫が捌けていないと、この後コロナウイルスの影響でさらにものの動きが鈍くなるリスクもありますね。
 要因については外需と消費税増税を峻別して考えた方が良さそうです。