新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飲料メーカーがなかなかペットボトルを他素材に転換できない理由は他にも色々あります。

例えば、大手飲料メーカーは自社のペットボトル成型機を持っているため比較的安価にボトル製造ができますが、ペットボトルを廃止すると容器を他から購入する必要が生じ、調達先の確保やコスト面で様々な困難が生じます。

また、トップ飲料メーカーとしては、容器包装にかかるCO2排出量も気にしておく必要があります。アルミ缶の方がペットボトルよりもライフサイクルベースでのCO2排出量が高いため、全面的にこれに切り替えると他の部分で企業の社会的責任が問われることになります。リターナブルびんにすれば脱プラスチックになりつつ排出量は下がりそうですが<http://www.returnable-navi.com/envdata/envdata01.shtml>、現在はワンウェイ容器の普及により、ガラスびんの回収システムがかなり縮小されているため、返却からリサイクルまでのシステムを再構築する必要があります。

一方、海外でも国内でも、自治体・事業者にて自主的に次々とペットボトルが禁止されている現状がありますし、日本の若者にも「ペットボトルはダサい」という認識が浸透しつつあるということでした。<https://newspicks.com/news/4518406?ref=user_1549708>
コカ・コーラも、ペットボトルではない容器の選択肢を増やし、変わって行かざるを得なくなるでしょう。
PETボトルに代わるボトルを開発しなければ無理でしょう。
それほどにPETボトルは軽くて強くて使いやすいです。

PETボトルは名前の通り、高校の化学の授業でも習うポリエチレンテレフタラートでできており、石油を原料とします。
その素材を見直し、バイオプラスチックでボトルを作れば環境には優しくなります。しかし、残念ながら現時点ではコストが高くなります。

このバイオプラスチックボトルの経済合理性が出るか、
コカコーラ等の飲料メーカーが世界中の非難を浴びるまでは、
PETボトルを全廃するのは難しいでしょう。
日本ではプラスチックゴミは再生プラスチックになってリサイクルしてるからいいじゃないか、と思っていたけど、84%リサイクルされているはずなのに、そのうち7割は燃やされてるのがわかった。まぁ発電や製鉄に使われてるから、その分、化石燃料の消費が減るかいいんだけど。
https://forbesjapan.com/articles/detail/24796/3/1/1
プラスチックを使わないとして、炭酸飲料の圧力に耐えられる容器ってアルミかガラス?両方とももっと大きな問題が起きそうなのはすぐわかる。それに何をやっても商品価格に跳ね返って、その負担は消費者が負うことになから、それならコカコーラ飲むのやめればいいというのが結論。別に炭酸飲料飲まなくても死なないし。
Degradable plastics / 環境負荷の小さいプラスチック素材を開発するしかないのでしょうか

にしても日本はウォーターサーバーの数を増やすべきなのは変わらないですが
先日のダボス会議で、サントリーの新浪さんも同様に、PETボトルの撤廃ではなくリサイクルを進めるとおっしゃっていましたが、ダボスのセッションでは噛み合ってなかったように見えました。飲料メーカー業界的にはこれがいまのスタンダードなのかな?
時価総額
22.4 兆円

業績