新着Pick
495Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言っていることは間違いじゃないけど、日本のマスク使用量は年間55億枚、しかもそのうち40億枚以上が家庭用で、業務用以外の使用数、比率ともに諸外国と比べて非常に多いです。
又使用数自体もこの十年で6倍以上になっています。
今までのインフルエンザ流行時期におけるマスク装着率は30%-40%程度ですが、今年は新型肺炎の関係で一見してさらに増えていると思われます。
従ってマスクをしない”日本人”という目を引くタイトルには、絶対値としても諸外国との比較においてもエビデンスがなく疑問が残ります。

又感染率なる単語は普通感染症では使わないはずで、一般に有病率か罹患率を使いますが、新型コロナウイルスについては統計上の母集団と期間がまだ確定していないので、今のところ確定したものはありません。
今現在で感染力について論じるなら感染症のうつりやすさを示す基本再生産率を使うべきでしょう。
従って行動心理学の元になるはずの数字自体も信憑性が乏しいように思います。

経済合理性の面から見ても新型肺炎を防ぐためマスクをすべき、という話は視点としては面白く大変結構なことですが、経済誌に記事を書くのに、基本的なファクトを確認せずに印象だけで語るのはあまりよろしくありません。
今年は春の訪れが早く、スギ花粉も早いです。(涙)

私も例年、2月から飲むアレルギーのお薬、
今年は1月から飲んでいます。(涙)

なので、間もなく花粉症でのマスク星人がたくさん現れますよ、どっちにしても…。
感染した人が周りにうつさないためのマスクは必要。それは賛同。しかし、感染を防ぐ目的のマスクはあまり効果はない。マスクだけして裸眼で歩いている人いるが意味わからん。目の粘膜から感染するよ。
どうしても感染を防ぎたいなら、ガスマスクみたいな頭を全部覆う防護マスクじゃないと意味ないよ。
経済学な分析をするなら、そもそも、SARSのときのマスク着用率を示さなければ、今回の着用者が多い少ないかがかわりません。また、今回の着用者が少ない、というのも感覚論。たまたま少ないタイミングや場所を歩いただけかもしれません。

データのない経済的分析?
マスクをしない日本人が多い、とあるが何と比較してのことだろう。
他国に比べやたらマスクをするのは日本の特徴だが、今回は他国と比較してどうなのか。

そしてシートベルト着用率に比してマスクをしないことが合理的でないとするが、マスクの効果はどう立証されているのか。

行動経済学とデータで語るわりに、おおもとの根拠が不明なので、そこを知りたいです。
電車に乗ると、50%を超えるマスク装着率です。
そして、マスクをするなら、正しく使うべき。
「新型コロナ対策にも!医師が実践する“正しい”マスクの使い方」
https://mi-mollet.com/articles/-/21774
私は、つり革を使う方が嫌です。
だから、今の時期は、座るかドアの横に立つか…
両方ダメなら、筋トレと割り切って、独力で立っています。

ちなみに、私、滅多に風邪引きません。
そして、平熱は37.2度くらい…
澤田さん説によると、私は原始人並みの野生力の持ち主のようです…😰
今、国内線に乗っていますが、6-7割くらいの人がマスクをしています。

マスクは感染に効果が無いと言う人がいますが、本当に全く効果が無いのでしょうか。
少しはあるのではないでしょうか。

特に、数時間のフライトの機内では濃厚接触に近い環境が作られます。
感染リスクを少しでも下げたいという気持ちでしていると思います。

逆に効果がないと言っている人は、全くマスクをしないのでしょうか。
意外とするのではないですか。
私にとって不思議なのが,なぜ今になってからマスクを買いに求め,品薄になっているのかということ.ここ最近は,毎年,冬になると謎のウィルス感染で必要になる.夏から秋にかけてドラックストアに山積みになっていました.ちなみに,私は夏に一冬を越せる分だけ買いだめしました.
マスクではウイルスの侵入を止められない。まちなかから、マスクが一斉に消える様をると、人の心理とはこうも振れるものかと。大事なのは虚弱な高齢者と幼児だ。そこに行きわたらないようなことがないように。