新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
21日から休場だった台湾市場が再開、-5.75%も下がっている。ちなみに同期間の日経平均は-4.6%。
個別ではHon Hai -9.26%は、TSMC -4.95%など。春雪明けに労働者を調達できない、サプライチェーンが止まるリスクを織り込みに行っているように思う。
武漢の人口は約1100万人。先日の日本への帰国便で200人に対して2人が肺炎と診断されていて1%。1100万人の1%で11万人。そこから他都市への移動による拡散で10数万人くらいになりうるだろうか?SARSのときは約8000人で、現在下記のJohns Hopkins大学のデータを見ると8000人弱の感染が確認されている。ただSARSのときほど致死率は高くないと見られる。
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
SARSの時も日経平均が一割強下がってますから、参考になるかもしれませんね。
当時はイラク戦争も重なってましたが。
日本の企業の業容縮小・売上縮小が見えてきたための下げでしょう。

しかし、昨日の時点でダウは下がっていないため、日本の株価が敏感に反応し過ぎているのかもしれません。
日本株以外も下がってるからこんなもんよ。春節で2週間も休んでた台湾市場は今日取引が再開されて5.7%も下がってっからね。新規感染者数がピークアウトするまで調整が続くでしょう。
30日の東京株式市場は、新型肺炎感染の拡大で世界経済への悪影響が警戒され、終値は前日比401円65銭安の2万2977円75銭。3ヶ月ぶりの安値となりました。