新着Pick
1302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3年前に「亀っちの部屋」というゆるい連載をしておりました。
https://newspicks.com/user/9314/
相変わらず他愛もない話だけど、部屋飲みのお供に聴いてね〜w
「亀っちの部屋」が3年ぶりに、音声コンテンツとして復活します。

初回のゲストは「イノベーションの鬼」濱口秀司さん。シリアルイノベーターとして画期的な製品を次々に世に送り出し、自身も猛烈に働くことで知られる濱口さんに、亀山さんがアドバイスした「大切なこと」とは。

お二人をつないだ坂之上洋子さんにもご出演いただきました。お三方の空気感を音声で感じていただければ幸いです。

※音声がお聞きになれない方は、マナーモードをオフにしてお楽しみください(やがて、マナーモードでもお聞きになれるようになります)
おもろい!!
「夜見る夢も、子どものころは怪獣や妖怪が出てきたのに、今は日常の延長の人や風景しか出てこない。でも1カ月旅すると、今でも最後のほうは夢の中で空を飛べるんだ。」
だけで、超価値。
やっぱ、亀っちはやめられないね。素敵!
野矢茂樹先生(東大名誉教授/哲学者)も著書『はじめて考えるときのように』で同様のことを言ってますね。

「考える」ということは、実は良く分からないもので、物事に真正面に向かって取り組む運動というよりも、頭の片隅にある考えが何かの拍子(インプット)に刺激されて、動き始めるみたいな感覚、といった話だった気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=XDXsf8C5zBw
----------------------------------------------------------------------
でも時間が無限にある状態でふらふら歩いていると、何かを考えている意識などないのに、頭の後ろのほうでゆっくりと思考が動いていることに気づきました。
この感覚になりたい。極限まで頭を空にしないと出て来なそう
"時間が無限にある状態でふらふら歩いていると、何かを考えている意識などないのに、頭の後ろのほうでゆっくりと思考が動いている"
「量子力学的な経営者」
濱口さんによる亀山さんの紹介が最高です。

「「これは外れるな」というのは何となくわかるんだけど、何が当たるかは、本当にわからない。だから結構、進め方は責任者に任せることが多いかな」
面白い。ひたすらにロジカルな人がそうでない人と出会って理屈はいいから休めと言われてやったことがロサンゼルスの街を歩くと。
何もしなければ確かに人は普段とは違うことを考えたりするし、生きることとか根源的なことを考えられるんだよな。
たまに山とか登ったりのんびり目に自転車乗るとそんな思考に突入したりできる。
NewsPicksさんがTBSさんから資本を受け入れた時、心配しましたが、こうやって自由に新しいことにチャレンジできているので安心しました。
亀山さんが戻ってきて嬉しいです。
キレッキレなコメント期待しています。
職間に旅をすると確かに見る夢が変わる。寝てる間の夢ね。
新しい職場で仕事を始めて暫くはそれが続いたけど、最近は夢が仕事仕様になってきた。少し休もうかな。
あー、やっぱり亀山さんはいいなぁ。
一度で良いからお会いしたい。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。
合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア