新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界のありようが米中の二大大国のにらみ合いになりつつある。

一方でトランプ氏、彼の言動はどこまでが本当かはわからいが、世界での中、多くの人が認識しているように思われる。

一方の中国の習 氏については、先日、中国の政治に詳しい東大の高原 明生さんのセミナーを私の所属する政策研究大学院で伺い、これもなかなかの人物であることを理解することができた。

その結果、私の心配は、残念ながら和らいだわけでないのだが、とにかく世界の在り長はちょっとばかり以上に、デリケートなようだ。

そんな時に、トランプ大統領の米国の「核の傘」代を払えという圧力というのだから、何やら嫌な話だ。

秋田さんの解説、タイムリーだね。

こんな中の世界のありようの中で、何かの衝突があれば、科学技術、軍事装備の進んで昨今では、ちょっとした「小さな衝突」が、予想のできない惨事を引き起こす可能性も大いにあるだろう。

なんとも不安定にも感じ有られるがの動きだ。