新着Pick
577Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケティングや組織マネジメントについては、定期的に新しい概念や言葉が生まれます。
そして、言葉をつくるとそれ自体が新しいビジネスのネタになり、考えた人は儲かりますが、実際の社会で万能な理論などめったにありません。

従来の会社組織の多くは軍隊組織を下敷きにしており、仕事によっては従来組織の方が向いているケースもまだまた多い。仕事のスビードを上げるだけなら、従来組織で権限委譲するだけでも十分対応できます。

ティール組織のような考え方を導入する背景には「個のクリエイティブ力」をより活用したいという思いがある。ただし、知識も発想力もない人が自由に動くとろくなことがありません。
会社の原動力は「人づくり」にあるわけで、それなしで組織だけ変えてもいいことはありません。
保存版!自律分散型組織を作る苦労と工夫が書かれています。効果は高いのですが、そんなに簡単なことではないことがよくわかります。
良記事です。。めちゃくちゃ勉強になります。

なるほど。自律分散型の組織になるためには、意思決定のルールが明確化している必要があると。

「自律分散型の組織に必要な「ガバナンス」を構築する前に、もともとあった暗黙のガバナンスを解除し「秩序」を弱め、ストレス地獄に陥ってしまうパターン」

また、いきなり「オープン」「フラット」「ルール無し」と言ってしまうと期待と現実のギャップでストレスがかかると。なるほど。

▶︎ 組織を役職でなく役割で分割。
▶︎ マネジャーの役割
1.チームの戦術の策定
2.チームの数値マネジメント
3.チームメンバーの業務的なレビュー
4.全社方針の伝達
5.ピープルマネジメント(目標設定、1on1、フィードバック)
6.評価
7.チームビルディング
etc...
リアルなお話で非常に勉強になりました。
役職フリーにしたけれどなかなか上手くいかないというお話も耳にします。
実践的なお話で参考になります。
ホラクラシー、組織を役職ではなく「役割」で分割し、「憲法」に従って組織運営を行うガバナンスの仕組みと。
自律分散型を構築する失敗と成功の好事例です。
役職は、まあいらないかなと思いますが、役割分担はないと回らないのでは...