新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コア事業に属するディスプレイ広告の営業収益が伸び(対前年同期比+59億円増収の150億円)、戦略事業に属するフィンテック/AI/コマースの営業収入も伸びています(同+12億円)。
しかし広告事業を含むコア事業の営業利益は同+13億円増益で個人的にはやや弱い印象。戦略事業の赤字幅は従来と横ばい。この結果通期連結営業損益はマイナス390億円でした。減価償却費は227億円を調整しEBITDA的な数値を出すとマイナス163億円。バランスシートはまだ余力があると思われう、このタイミングでZ HDと次の展開を模索するのは賢明と思いました。
LINE Payへのポイント費用が高くついたようです。

QR決済は、ポイントを多くつけないと使われない状況にあります。
家電量販店に行くと分かりますが、LINE Pay、PayPay、d払い、au Payなど毎週のように代わる代わるポイントキャンペーンをやっています。

このような環境では、完全にサバイバルゲームになっていて、利用者は次々とポイントが多い方へ移ってしまいます。
しかし、ポイントを止めれば、利用者は帰ってきません。
お互いが雁字搦めな状態です。

このような状況は、少額決済では非接触決済であるSuica、Edy、Waon、nanacoなどの方が利便性が高く、高額決済ではプラスチックカード決済が普段使いであるので、ポイントキャンペーンを行わざるを得ない状況もあります。

これでは、QR決済の前途は多難であるため、QR決済は諦めて、
寧ろ、ポイント費用に使うお金を、非接触決済への取り組みに費やした方が未来の先取りとなるため、良いのではないかと思います。
これは12月までの決算ですが、10-12月期は4-6月期よりよくなっています。
LINEとZHDとの統合は、極端な還元競争の終了を意味し、今後は収益改善が進むと思う。
完全に体力消耗戦に入ってしまったスマホ決済事業に、どうしても目がいきます。

いや、資金があれば赤字がダメなわけではないです。
昔のユーチューブもそうでしたから。

ただ、今のスマホ決済には、体力消耗戦後のビジョンが見えないのです。ここまでの体力消耗戦をやる意義って何なんだろう?
赤字の額にシビれた。

業績