新着Pick

なぜ日本の学校は「お金」について教えないのか

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
授業は楽しそうですしお金に関する知識は習得できる思います。

同じゲームを使ってもう一つ教えてもらいたいことはお金を目的化すると良いことはないことです。

みんなで楽しんで買いたいものが買える世界から独り占めする人が出てくることもあるのですが、お金が目的化する過程や心理状態を体験して本来の皆んなでゲームを楽しむという目的と異なってきてないか考えさせることも大事だと思います。

銀行で働いていると相続とか倒産とか脱税等、お金にまつわる色々なことに接する機会があるのですがお金が目的化してしまって人間関係までこじれてしまうことも少なくありません。
とても興味深く 楽しい内容。
子供だけでなく大人も受けたい授業。
日本の文化にはいくつかのタブーがあったが、だんだん薄くなってきた。 子供も大人もお金や金融をオープンに話せる環境は、変化の激しい今の社会を受け身でなく生きていくために必要。
面白いですね。そして「アクション王国」の終焉が中々衝撃的です。

『そんな「アクション国」でしたが、ある日、突然、消滅しました。それは、借金がかさんでしまい、つらくなってしまう子が出てきたからです。 … ボクが、このとき、すごく悔しかったのが、その借金で困った子たちは自分からまったく動かず、誰にも助けを求めようとしなかったことでした。その子たちが動きさえすれば、絶対に誰かが手を貸してくれただろうし、もしボクに「こんな会社をやろうと思うんだけど」と言ってきたら、「銀行からお金貸すよ、援助もする」と全面バックアップもできたのです。』

市場経済が想定できなかった、非合理的にも見える人間行動、現実にもあるこの生々しい既視感。
それは、お金を稼ぐ人は悪い人で、お金持ちの人=悪というわけのわからない風潮が日本ではびこってきたからでしょう。
高度成長期とかではそれでも何とかなりましたが、人口が減る中でこんな風潮が残れば、そりゃ経済成長なんてできませんよ。
今般、学習指導要領が改訂され、中学校では2021年度から、高校では2022年度から、お金のついての授業が始まることになりました。

ただし、英語やプログラミングから金融教育まで、新しいカリキュラムが教育現場には山積みで、現場の先生方の負担も限界ではないでしょうか。教える前にまずは先生方が学ぶ必要がありますし、トータルの授業時間を増やすことができないなかで新しいことを追加で教えるのも大変です。

そもそも、学校教育では何を教えるべきなのか。今のような知識偏重の大学入試で良いのか?人生100年時代を生きる上で必要なリーダーシップやコミュニケーション、知識やスキルが身につくよう、意識的な優先順位付けを行われないと、教育現場がパンクしてしまうように思います。
やりたいと思う学校や先生が真面目にやったら上手くいく場合もあると思うが、全ての学校となるとマニュアル頼りでは多くは上手くいかないと思う。もっともゲームと実社会は別物でもあるし、お金のことは学校より家庭で学ばせることかもしれない。数学など一般教科の時間を削ることになるならやらない方がいい。大学で学ぶファイナンスの授業は、金儲けの仕方とは程遠いものだ。
エネルギーについても誰も教えてくれない
大変興味深い授業。お金についての知識は、生活は勿論、ビジネスにおいても必須です。行き過ぎた資本主義は課題がありますが、ファイナンスの基礎知識は全てのビジネスパーソンが理解して損は無いと思います。
記事は、タイトルにあるなぜに答えるというよりも、小学校での金融教育の実践紹介です。ポイントは授業ではなく、学級活動に組み込んでいるところです。学級活動なので全員が当事者にならざるを得ず、時間の自由も利くので、実際に経験しながら学べるメリットがあります。応用すれば家庭でもできそうです。

教育現場でお金について教えないのは、先生以外の大人も含めて、お金について学んでいる人が少ないので、よく分からないまま怖いものとして認識されているからだと考えています。大人も知らないのは子どもにも教えられません。
金融教育、とくに投資教育をやっていて、最大の難関は学校の先生方でした。それも、ご自身の給料や年金額を気にする人ほど、「学校は金儲けを教える場ではない」なんて興奮していましたね。

先生の意識が変わること。これが学齢期でのマネー教育のキモです。