新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
医療現場を除く一般の場におけるコロナウィルスの感染拡大経路には、触れて広がる「接触感染」と咳やくしゃみで広がる「飛沫感染」があります。

この飛沫感染の「原則」からすれば記事内容は正しく、咳やくしゃみといった症状のある方が、それを飛散させないためにマスクを装着するのが原則であり、症状のない方が(咳をしている感染患者をケアする時のような特別な状況を除き)マスクを絶対にすべきとする正当な理由は見つかりません。

マスク装着を社内で義務付けるような会社も出てきているようですが、飛沫感染予防の観点にたてば、これは社内に咳やくしゃみといった持続的な症状がある方がいることを前提としており、症状があっても出社するように、と言っているようにも聞こえてしまいます。会社としては、まず症状がある方を休ませるのが先決です。

ただ、記事で紹介されているSARSの論文では、”Both surgical masks and N95 respirators have been demonstrated to be useful in blocking the spread of SARS, with no added advantage to N95 respirators over masks.”(N95の追加効果は証明できないが、いずれのマスクも感染拡大防止に有効であった)ということを示唆しており、この論文を根拠にするなら、無症状の方もマスクをすることは有効かもしれないということになります。しかし、これはアウトブレイク中の医療現場での話であることに注意が必要です。

実際、マスクを装着することで無意識に外で汚染された手で口鼻を触るといった「接触感染」を防ぐ効果もあるのかもしれない、とする専門家もいます。

そのような接触感染予防の観点にたてば、外で使った、一度外した、汚染された可能性のあるマスクは捨てて手洗いをする、という姿勢が重要で、あごマスクやマスクの再利用は避けるべきです。

そもそも「エビデンスがない」=「効果がない」ではなく、エビデンスがないことを根拠に「無効である」とも言えません。それを示した研究がない、偶然の可能性を否定できないというだけです。

害のないことや少ないことであれば、それを否定する特別な理由もなく、マスクの使用が真っ向から否定されることもありません。
都心では中国人がマスクを買い占めているようですが、都心からちょっと離れた我が家の近くのドラッグストアもスーパーも、マスクは売り切れてます。この時期、インフル対策でマスクは大量に仕入れているはずなのに…。
「基本的な考え方として、マスクに予防効果はありません。マスクは自分が風邪を引いたときなどに、くしゃみやせきで唾液の飛沫を周囲にまき散らさないため、他人を感染させないために着けると考えるべきです。」
サージカルマスクはウイルスなどの『吸入』を防ぐことを目的として設計されていません、そうなんです。
でもみんなで着けていれば人に移す、つまり拡大することは防げます。
新型コロナウイルスについての解説。
マスクだけでなく、手洗いうがいの正しいやり方、そして現在の状況など網羅的に解説してくださってます。