新着Pick

「環境格付け」で高評価の日本企業が増えたわけ

東洋経済オンライン
温室効果ガス削減の努力など、環境分野の情報開示の取り組みで優れた企業を評価しているのが、イギリスに本部を置く国際非営利組織CDPだ。気候変動、水資源、森林保護の3分野について、企業の環境分野における努力…
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
環境格付けで日本企業の評価が高いとのこと。いい取り組みでニュースで取り上げられ、認知が高まるというのは好循環ですね。また現状に満足せず、外資が取り組んでいる再エネ調達などに今後チャレンジしていくべきとの示唆があり勉強になります。

‘’Aリスト企業のうち、アップルやグーグルの親会社であるアルファベットなどは自社で使用する電力の100%を再エネで賄うことに成功している。これに対して、日本企業は全般に再エネ調達の遅れが目立つ。石炭など火力発電への依存度が高く、国内での再エネ電力の普及が遅れているためだ‘’
米国企業が再エネ100%に積極的なのは、税額控除が取れるというメリットもあるからです。

「米国内で」課税所得がある企業だけが、再エネ投資に伴う税額控除を利用できるので、国富が国内に還元されやすい制度設計になっています。

日本でもFIT後の再エネ推進策として検討に値すると思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン