新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本政府が5Gについて、特定の国や企業の調達を制限するような要請をしているということはありません。仮にやろうと思っても、いまの日本の法律では無理です。

一方で、デジタル技術は国家安全保障上の重要課題と認識されています。転換点は、トランプ大統領が2017年12月に発表した米国の国家安全保障戦略です。ここで初めて「5G」や「デジタル」が安全保障の文脈で語られました。

日本では、昨年秋、国家安全保障局に経済チームが発足し、この春に日本の戦略も発表されます。
ドイツも一部は容認するでしょう。「包囲網崩壊」とありますが、豪、日、越の他にファーウェイ排除に同調した国がありましたっけ?
ファーウェイを全面的に信頼はしませんが、だからと言って全面排除はあまりに極端…追随国がかくも少ないことが世界の見方の大勢を示していると思います。
アメリカの盟友たるイギリスが包囲網を破るとは、滑稽な話です。

イギリスのボリス・ジョンソン首相は暴れん坊で有名ですが、
アメリカのトランプ大統領以上の暴れん坊かもしれません。
私がロンドン市長時代にイギリス大使館でお見かけした際は、憎めない暴れん坊のイメージでした。

そもそもの話、ファーウェイの機器は技術的にも価格的にも優れています。これらに本当にバックドアが存在するか確かめた方が良いです。

さもないと、単にアメリカが自国の企業の優遇を図っているに過ぎません。
今になって騒ぐことではあるまい。私でさえ1月26日に次のようにコメントしていた通り、そんなことは予想がついていたはずだ。

1月25日、すなわちファーウェイ社の5Gネットワークへの参加に関する英国側の決定の数日前、米国のトランプ大統領と英国のジョンソン首相が、この件で電話会談を行った。トランプ大統領はファーウェイ社を排除するよう圧力をかけるように求めた模様だが、むしろジョンソン首相はファーウェイ社の参加を容認する方向のようだと報じられている。

https://newspicks.com/news/4573739?ref=user_2383727
世界ではもっとも厳しくファーウィーを排除する国は日本であり、
アメリカでさえ排除と言いながら規制を緩和したりしている。
ファーウィーの任さんは、いずれアメリカは中国のどこかの農村に化けていくと予測するが、
日本には富士通、NEC、NTTなどがあり、もう5Gはどうでもよく、6Gを願っている。ファーウィー排除を貫いていく。
米国が先進民主主義国家の旗頭だった時代なら、中国を自らの陣営から切り離して孤立させることもできたでしょうが、今のアメリカはEUをはじめ自由貿易を掲げる民主主義国の多くから距離を置かれる状態で、新興国のかなりの部分も「中国の特色ある社会主義」を一帯一路で輸出する中国の勢力圏下に置かれそうな勢いです。しかも、ファーウェイに対抗できる力を持つ力を持つ企業が今のところ米国には無いのが実情でしょう、たぶん。
米国に本気で追随している先進国は我が国とカナダとオーストラリアくらいで、そのオーストラリアも中国は大事なお客様。次の世界の覇権を制するとも言われる5Gで中国が世界の標準を握れば、米国とそれに従う国々が逆に孤立させられることになりかねない状況が生まれつつあるように感じて、素人ながらなんとなく不安です (・。・;
英国としても背に腹は代えられないようだが、リスクを管理する自信があるのだろうか。ただEUを離脱する英国にとって米国の存在も必要不可欠。恐らく何らかの裏事情があるのだろうが、現時点では何とも言えない。
英国がファーウェイの5G参入を容認。欧州でのいろいろな会議に参加してきたとき感じたことは、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、イタリアなどは日本人が違和感を抱くほど中国の欧州進出に寛容であること。「米国が中国という出る杭を打つ構えを見せた。そんな米国のお手伝いするのはいやだ」といわんばかりの欧州諸国。ファーウェイ排除という米国主導のグループの隊列に加わることで、デジタル分野でハンデを負うことは受容できないのだろう。デジタル分野で遅れをとり始めている日本は大丈夫か?
既に英国がファーウェイを5Gで採用すると報じられていましたが、正式に参入を容認。これでアメリカ手動のファーウェイ包囲網が崩れることになる。
本件について、特に欧州においてファーウェイの参入を今から制限しても遅いです。

欧州のメーカーは既に(ファーウェイを含めて)海外の企業に委託しています。

https://twitter.com/cyberflamingo/status/1219564012116951040?s=20

さらにファーウェイ(中国)が注目されていますが、 Cisco (米国)とかは同じことが言えます。