新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでの話を踏まえると、5G端末は今年秋から。それまでは価格志向のユーザーに対応してシェア確保し、他社への乗り換えを防戦するということでしょう。
手元のデータをみると2018年1-6月は9300万台くらい、2019年1-6月は7000万台、2020年1-6月は8000万台。直感的にはそれほど無理ない計画と思います。
イノベーションが少なくなってきているから、交換サイクルも長くなってきているし、最新モデルの価格を払うだけの価値が見いだせておらずに、廉価モデルに需要がシフトしているということ。こなれたモデルで利益はでるだろうが、一番良いタイプの増産ではない。
コロナウィルスの影響は、武漢でとどまる限りは電子部品サプライチェーンはそこまでなかったと思う。一方で、蘇州とかに広がると話は全く異なる。
今では、10万円を超えるものもありますが、
数年前はMNPで0円で購入できたこともありました。

スマートフォンの販売環境は総務省の指導もあり、大きく変わりましたが、
消費者が想定する価格帯はそう簡単についていけるものではないです。

廉価版が売れるのはこのような背景でしょう。

しかし、アップルが長期的に収益を挙げたいなら、危機の売り上げよりもサブスクリプションで儲ける方が良いと思います。
iPhoneの電池交換もこのような背景で実施されていると思います。

ですので、今後も廉価版の販売は続いていくのでしょう。
先進国は旧機種の値下げ、新興国は新発売の廉価版が販売増の要因になると思います。日本を含めた先進国では「XR」が最低ライン、廉価版相当のモデルにしたいのではないか。

高価格帯のiPhone 11,11Proは海外モデルもFeliCa対応ですが、新興国がターゲットになるであろう廉価版に、コストが高くなるだけのFeliCaは不要。日本向けに別モデルとしてFeliCa対応するとは思えない。
前回の廉価版(iPhone SE)が日本で発売されたのは、2016年3月。FeliCa対応のiPhone 7が発売されるよりも前。今、この時期に、FeliCaを搭載しない廉価版に価値はあるのかな。廉価版にFeliCaが搭載されないなら、iPhone 7からの機種変更は「XR」以降の機種が選択肢になる。

サービスによる売上を上げる為には、ハードの普及が必須。ただ、Appleが力を入れるサブスクリプション戦略は、Apple ArcadeやApple TV+、日本には無いApple Newsなど、大画面に適したサービスが多い。
先進国では廉価版の比率を上げるよりも、ディスプレイサイズやハードのスペックで競争力のある、XR以降の旧機種値下げで数を稼ぐ方が囲い込みとしては良い気がする。
米アップルが2020年1~6月に、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数を計約8000万台と、前年同期に比べ1割強増やすことがわかったとの、日経新聞の特報です。
XR持ちですが、スマホはこれで十分という感じですね。
バッテリーの持ちはいいし、カメラも満足出来るレベル。

次は、5Gになったら考えます。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
229 兆円

業績