新着Pick
578Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
docomoやソフバンでもOKで、 キャッシュレスブランド「au WALLETアプリ」や「au WALLETカード」、ECサービス「au Wowma!」を、それぞれ「au PAYアプリ」、「au PAYカード」、「au PAYマーケット」と、au PAYシリーズに統一。文中には写真しかないけど、じぶん銀行のキャンペーンも。金融スーパーアプリ化ですね。
昨年、一昨年の冬にPayPayがスタートした時の大型キャンペーンを彷彿させます。
au Payは、全くつかっていないのですが、使える場所にも拠りますが、ダウンロードしようかと思わせるインセンティブはありますね。

これをタイミングとして、au walletなどの各種金融・決済サービスをau Payとブランドを統一するようですが、どのようなスーのパーアプリになるのか、その辺り青写真をもっと具体的に見てみたいです

でも、QRコード決済って、日本で継続しますかね?
未だやや懐疑的です
QR決済のキャンペーン拡大傾向は際限が無いです。
利用者はキャンペーンに慣れ過ぎてしまったのではないでしょうか。
ここまでしないといけないのは問題です。

本質的に浸透しないのは浸透しない理由があるのです。
それは利便性です。非接触決済に比べ、手間がかかります。
やがて、QR決済は非接触決済に置き換わっていくでしょう。
付与額は大きいですが、ユーザー数増加に繋がった後の頻度アップまでやり切れるかどうか。この辺りは先行事例を見ても大変そうですね。
auも大盤振る舞い。Payの戦いはやはりキャリアは強いな >au PAY、他社ユーザーでも20%還元する“毎週10億円”キャンペーン--最大7万円付与
プロモーション合戦が激しいですね。それだけポテンシャルな市場規模が大きいということではありますが、この業界Winner takes allになるのだろうか?携帯みたいに大手3社が同じくらいになったりしないんでしょうかね?もしそうだとしたら今はその枠を目指してのペナントレースという感じでしょうか。
au Payがどこまで本気でPayPayに追随するのか気になります!
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.41 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績