新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一消費者として、日本の家電メーカーは顧客をリサーチして作るというマーケティングの概念がないように思えて、作れば売れるという感覚をまだ社内の多くの人が持っている認識。誰が使うのか分からない細かい機能ばかり追加され大規模宣伝を量産。ファーウェイやXiaomiのようなブレークスルーなぐらいの安さや簡易さなど、今の時代にあった製品が出てこない。

古い企業だと社内調整や縦割りなど効率性皆無の体質の企業が多くある日本の謎社会。顧客中心でなかった企業が、中国傘下で改めて顧客との接点を大事にするようになったという印象を記事から読み取りました。
ここがポイントであろう。
「若くて活気ある組織でありながら、「日本のことは日本人が一番よく知っている」と、リスペクトを持って接してくれることは、とてもありがたいことでした。」

これは日本企業も過去に海外で失敗している話なので、当然だと思う人がたくさんいるでしょう。
でも一言で言うとこういうことだけど、これを実行していくにはとても繊細なマネジメントが行われないと無理。

買った側は、どうしても親会社風を吹かしてしまうし、買われた側は買われたという負い目を持つので、仮に親会社風を吹かしてなくても相手の言葉の端々にそれを無理やり感じ取ってたりする。
記事にもあるけれど、多分三洋が迷走した理由は、曖昧な目標設定や役割などだったのではないだろうか?

もともと力のある会社であり、それがきちんとしたマネジメントのもとに、本来の力を発揮したのだと捉えても良いかもしれない。
そして多くの企業においても、同じようにすることで活気を取り戻せるきっかけになるのかもしれませんね。

僕はこの記事をそう読みました。
シャープの話もこのAQUAの話も、そして近年大手メーカーの退職者を採用して急成長しているアイリスオーヤマの話も共通して、終身雇用と年功序列で社内の雰囲気が濁りきっていた日本企業が経営陣を刷新し外部の血を入れることで内部が活性化し、勢いが一気に出たという話に聞こえる。残る日本の大企業も、一刻も早くこのことに気づいて幹部を半分くらい刷新すればまだ復活のチャンスがあるのかもしれないな。既に20代や30代は中途採用などで外部とのミックスが進むのに、45以上の幹部は20年、30年と同じ会社に居続けた人ばかりだから。
記事向けということで良い話が多くなっている、ということもありそうですが、本音としても「傘下に入ってよかった。ネガティブなことはあまりない」という感じなんだろうな、とわかる内容でした。もちろん現場では軋轢があったのでしょうが必要な進化だったのでしょう。傘下に入って変わったこととしてあげている
・明確な目標を持ち
・それに対しての役割がはっきりしていて
・成果がきちんと評価される
というのは、どの教科書にも書いてあることですが、それがいかに出来てないか、逆に言えばその通りにやることがいかに難しいか、がよくわかります。そしてそれを異文化の中でやりきるキーワードとして「繊細さ」があげられているのが印象的でした
シンプルに経営の巧拙が出ていると思う。
トップへのインタビューでポジショントークもあるだろう。それでも買収した側だからといってリスペクトなく接してメリットはない。一方で締めるべきところを締めるのも、経営として当たり前の話。
当たり前をしっかりとやることが一丁目一番地だし、戦略・執行が合致して利益が出なければ、企業としての持続性はない。
三洋電機は、もともと「安い」ブランドと思われがちですが、業務用において、洗濯機や冷蔵庫は、とても品質が評価され、かなり売れていました。
今でも、コインランドリーに行くと、アクア(旧三洋電機)がたくさん並んでいます。
ただ、消費者向けには、値段を下げないと売れないというブランドになってしまっていて、松下電器(現パナソニック)とは対象的になっていました。
良いものを高く売るマーケティング力を得ることで、その技術力が開花していると自分は思っています。

余談:パナソニックが売っている業務用(B2B)製品は、ほとんど三洋電機が作っていたものです。電気自動車用の蓄電器は、古くから三洋電機がアメリカに売っていました。なにが足りなかったのかというのを、もともと居た中の人に書いてほしいですね。
試練が人を大きくし、企業をダイナミックにかえる。それがこのレポートでよくわかります。

グローバルでありながら、ローカルな視点を忘れない。世界最高の品質はグローバル標準とし、各国の生活習慣に合わせて、色やデザインをかえるというきめ細かさがAQUAに生きているようです。
三洋電機、懐かしいです。
現在のパナソニックのエネループも元は三洋電機の商品です。

イメージとしては、セカンドラインを狙う家電で尖った商品を発売していました。

ハイアールによって買収され、三洋電機の名前は無くなりましたが、AQUAとして着実に歩んでいるのは良かったです。
【経営】今うちで使っている冷蔵庫がまさにAQUAだけど、元々は三洋電機のブランド名だったというのは初めて知った。そういえば買い換える前の冷蔵庫も三洋電機のものだった。三洋電機にこだわりがあったわけではないけど、安価で高品質なメーカーだったということなのかも。

ちなみにラグビーのトップリーグの強豪パナソニックは三洋電機ラグビー部が前身。三洋電機時代の活躍を知っている人にとっては、「パナソニック(旧三洋電機)」と記憶している人も少なくないはず。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー

業績

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.38 兆円

業績

シャープ株式会社(英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,065 億円

業績