新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福井大学病院は、敷地内に船舶用冷凍コンテナを建ててプライベートクラウド的に病院情報システムを運用していることで知られています。
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/FEATURE/20140203/331560/?ST=health

病院経営が大変な中、各医療機関は電子カルテのDRシステムにどこまで投資すべきか模索しています。障害発生時は紙カルテ運用に切り替えて、会計は後日という医療機関が多いでしょうか。

有事の際に、患者基本情報や薬歴など最低限の情報を閲覧出来る仕組みをクラウド上に構築し、スムーズに診療継続している事例があります。通常運用時は、クラウド上の閲覧用Viewerなど基本機能は停止しておきますが、カルテDBの更新情報だけは頻繁に差分同期しています。クラウド上はDBの同期だけが稼働している状況なので、月額数万円程度でDR環境を維持しています。