新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週までニューヨークにいましたが、ビジネスとしても正直サンフランシスコよりもおすすめ!人種性別年齢が雑多な都会ですから、みんな違って当たり前の精神で見た目による偏見が少なく、自分の本質を見てくれる人が多いように感じました。

加えて、NYは世界最大規模のメトロポリタン美術館を始め、富豪ロックフェラー夫妻が多くの作品を寄贈した近代美術館もあり(新館はなんと日本人建築家・谷口吉生氏の設計)、人とアートが入り乱れる場所です。

そのような土台もあるので、NYはアーティストが発信したい技術やアートをそのままの通りに受け取ってくれる場所となったのでしょうね。
なぜ人は壁に何かを描きたくなるのでしょうか。

先日お仕事で来日されたアーティストの大山エンリコイサムさんに取材させていただきました。

バスキア、バンクシーなどのニュースによって、日本でもストリートアートへの関心が高まっているように感じます。
しかしその実、ストリートアートが生まれた背景を知らないという方は多いのではないでしょうか。

大山さんはアーティストであり、ストリートアートの歴史の研究をしている人でもあります。

大山さんには、ストリートアートの歴史と、そのようなご自身の立ち位置をどうやって確立されていったのかをお聞きしています。
普遍的なテーマへの示唆に富んだインタビューになっています。
20代の時にニューヨーク、西海岸どちらも経験しましたが、文化という意味ではニューヨークは魅力ありますね。ただビジネスはやってる内容でニューヨークがいいのかどうかは分かれるところだと思います。
一度は経験しておくといい街です。
ストリートアートはおもしろい。瞬発力が問われ、どれだけダイナミックに訴求できるかが勝負。演劇と同じ1回性という儚さも日本人好みですね。
ニューヨーク在住のアーティストそして評論家&研究者という両輪で活躍する大山エンリコイサムさん。昨年末にインタビューさせていただきました。

ストリートアートを知らない方でも、昨年、現代アートフェア「アート・バーゼル香港」でカウズの巨大なネズミが海上に登場して話題になったり、サザビーズのオークションで英国の覆面アーティスト、バンクシーの絵画『退化した議会)』が約13億円で落札されたりという話題を耳にした方もいるのではないでしょうか。

これまでサブカルチャー的な位置づけだったストリート・アートが、なぜいま現代アートの市場で注目を浴びているのか。エンリコさんがその最前線を行くニューヨークという現場から、その鍵になる話をしてくれました。分野としてはアートの話ですが、ビジネスにも横断する話が多く、きっとNewsPicksの読者の方にも感じるところがあるのではないかと思います。

記事を読んで興味が出た方は、大山さんの新刊本もおすすめです。

『ストリートアートの素顔 -ニューヨーク・ライティング文化-』
大山エンリコイサム 著 (青土社)
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3385
大山エンリコイサムさんはアーティストとしてすごく好きです。ただ、単純にストリートアートとしてだけでなく、研究者的な側面を持っているのでさらに好きです。ぜひこのインタビューは多くに人に読まれてほしい。
すごい個人的などうでも良いところですが、やっぱりいつか世界で勝負をしたい、と思うと、その舞台はニューヨークかな、という気がしています。

そもそもこの価値観自体が自分でもどうかなというところがありますが。自分にとってはニューヨークというのは魅力・魔力を感じる街ではあります。