新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PayPayのキャンペーンによって倍率がインフレ化してるので、場を絞ってインセンティブ原資を集中的に投下しないとインパクトが出なくなってしまいましたね。

賢いユーザーの皆様におかれましては、見せかけの倍率に惑わされず、一回あたり上限や月あたり上限、キャンペーン当たりの一人あたり上限がいくらかをよく見定めて、お得なキャッシュレスライフをお過ごし下さい。
さきほどファミマに行ったときに、このキャンペーンをしていることに初めて気づいた。

各社のキャンペーンが入り乱れすぎているので、いつどのキャンペーンが始まっていつ終わるのかわからなくなってくる状態。
(例:先月はd払いがセブン限定で20%還元をしていた)

今回は、dポイントがファミマで40倍の高還元!!

それにしても、d払いやdポイントは、dを付けたことでドコモユーザー限定のサービスだと未だに思っている人が多くてブランディングが障害になっている面が現時点ではある。
(d払いのアマゾンでの使用はドコモユーザー限定になっていたりするので、さらに混乱する。)

そもそも、
dポイントは、Tポイントと同じ性質のもので、支払い手段は何でもいい(他社の決済手段や現金で支払って、dポイントをためることが可能)。

d払いは、スマホ決済であり、dポイントと自動連係して使うことが可能なのだが、この二つの違いがまだまだ認知されていない気もする。
(楽天ポイントと楽天Payに関係とほぼ同じ。)

*それにしても、ファミマさんのT、R、dのポイントオープン戦略は、ファミマを舞台に各ポイント会社の還元競争を引き起こしており、大成功の様相です。
キャンペーンが局所的に高倍率になってきている。決済業者側だけではなく、小売側からの予算も獲得することで、実施できることが増えているのかもしれない。
dポイント利用者のうち、非docomoユーザーの比率が気になる。
キャンペーンによる効果(新規契約数、解約後の継続率)とかも。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.06 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.42 兆円

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,098 億円

業績