新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パッケージの色は思い込みである可能性が高い。昔はダメであっても時間が経てば、試乗の意見は変わるもの。しかも今は時代の移り変わりも早い。

随分昔ではありますが、カミソリも昔は血を連想させる赤はタブーとされていたが、ジレット社が赤い商品を出して大ヒットとなったのでしたね。この時は、他業界から来た社長の決済でこの色が決まったのだ、とご本人から聞いたなぁ。
ダサくないナプキン、いいですね!
そして、まだまだ多様に、私の生理があるはず。
だから、応援しづけます。

赤色タブーはそうなのですかね?
ピンクやなぞのアンニュイカラーとお花畑感デザインは多いので、なんかステレオタイプな女性感も感じられ、
生理からの固定化された女性感を隠したいのかアピールしたいのか、いつも疑問に感じてました。

海外だと中身もパッケージも、もっとバラバラ。

ナプキン、タンポン、カップにディスク、ピル 、ミレーナ含め、もっともっと自分に合ったものを選べる時代に。
ブラックのパッケージかっこいい!
大王製紙株式会社(だいおうせいし、英語: Daio Paper Corporation)は、三和グループに属する日本の大手製紙メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2,210 億円

業績