新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下院の法案はトランプ政権の大統領令(SPD-1)を上書きすることを目指し、宇宙政策の主導権を議会が取り戻す動き。ペンス副大統領は宇宙政策に熱心だが、議会対策を怠ったツケがやってきた形。
まだ決まった話ではありませんが、ううむ。。。

2024月着陸がかなり無理のある話だったのは間違いないですが、しかしイーロン・マスクみたいにアグレッシブなスケジュールを立てて発破をかけるのも大事だと思うんですよね。もちろんマスクはやりすぎ感はありますし、Virginみたいに毎年「来年」と言い続けるとこれまた信用を失って逆効果ですが、しかしあと4年あるのにこう簡単に延期していては、いつまでたっても行けないし予算が膨らむのみですよね。。。
2028年の月面探査の予定を2024年に前倒ししたことに無理はあります。
しかし、今、宇宙での研究は国際競争の時代です。
それも考えての前倒しではあったと思います。

個人的には、月面探査も火星探査もその経過と結果を早く見たい気がします。

月に降り立った宇宙飛行士のニール・アームストロング氏は、
「これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」
と言いましたが、議会の理屈とは全く異なるようです。
民間企業が突破口を開くことを期待