新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAは2015年12月から成田ー武漢線を定期運航させているので、ノウハウという点では問題ないですね。希望者の搭乗費用は無償みたいですし。

ちなみに、武漢市に残る駐在員,記者、旅行者などが対象になる模様で、仮に日本への到着できても、家族や友人等との面会・接触は許されず、1週間以上隔離されることが濃厚となっている、とのこと。

まぁ、仕方ないですよね。中国ですら閉鎖されている武漢からの帰国ですから。
やっぱり全日空でした。
昨日予想していた通りでした。

武漢に定期便を飛ばしていることが理由だそうです。
それにしても、これだけの報道がある中でよく受けてくれました。
一方、日本航空は労働組合が面倒なので拒否すると官邸も予測したのではないでしょうか。

チャーター便の航空会社は、全日空の方が良いと思っていました。
全日空は中国への便が充実し、武漢にも飛行機を飛ばしているので、現地に精通しているでしょう。

また、日本航空だと、イランイラク戦争の時に、安全性に懸念があるため、飛行機を飛ばしたくないと労働組合が反対したのです。
結果として、トルコ政府がエルトゥールル号遭難事件に恩を感じて動いてくれて、トルコ航空が飛行機を出してくれたので、事なきを得ました。
まずは、日本政府の迅速な対応、外交努力、全日空の
全面的な協力姿勢に敬意を表したい。それ以外のことは、邦人の帰国後でよい。「国民の生命と財産を守る」取り組みには、そうした姿勢が大事。
武漢の在留日本人の帰国事案、メドがついてなにより。早い決断でよかった。中国の行政部門と調整をして閉鎖された空港にチャーター機が着陸し、在留日本人を乗せて、健康状態に留意しながら帰国の途につくのだから、大変な任務になる。 28日にも武漢に政府チャーター機を全日空が運航という。全日空に拍手を送りたい。
この記事へのコメントも興味深く読んだ。「日本航空がイランイラク戦争の時に、安全性に懸念があるため、飛行機を飛ばしたくないと労働組合が反対した」とのコメントで、あのときの記憶が蘇った。政府がチャーター機運航の打診を、どの会社に対してどのように行い、全日空機を武漢に派遣するという結果になったのか、そのうちに明らかになるだろう。国家が緊急事態への対処をするとき、企業の労働組合が反対して身動きがとれないというテーマについて、国際政治学専門家は、危機管理のシミュレーションをするときに論じてきた。常に「ほかの国では起きないことが日本では起きる」という結論に到達したとき、シミュレーションに参加した米国、韓国の専門家が絶句したのを覚えている。
問題は武漢から帰国しても、潜伏期間が終わるまでどうやって見守るかです。
1週間隔離できれば良いですが、それは難しいと思います。
現在、武漢から出れないようにしているのはその為です。
政府が責任をもって行動してもらいたいです。
遅きに失した感じはありますが、基本的に政府チャーター機で在留邦人帰国は大賛成です。
しっかりとやって欲しいです。
ホンダの記事に書いてありましたが、ホンダに限らず、企業の責務を負い現地に残る日本人の方々がいるようです。頭が下がります。

チャーター機では物資を現地に運んで貰えるのでしょうか?
残る方々の必要な生活物資を確保してあげたいですね。

ちなみに、JALは破綻して残念ながらナショナルフラッグの立場にはないかと思います。でも、もし打診されたらJALでも今回は飛行機を飛ばした筈と信じたいです。

中国路線を地道に開拓して来たANAです。中国の他地域で適切な情報収集をして、スムーズな対応を期待したいですね。
もらえるものはもらいたいと思いますが、費用は利用者が負担するべきでしょう
こういう時の、大使館への在留届ですね。
430人ならなんとかなるかもしれませんが、日本人が10万人いるタイなどで事が起こった際は、届けてなかった人は基本的に搭乗不可なんじゃないかな。
おかしな話だ。
相手国の了解を得ていない、「救出作戦」でもあるまいし。

チャーターなら、航空会社の国籍にこだわることはない!
安全に飛べて、防疫に完全を期せる航空会社がよい。

私なら、なぜANAにしたかその理由を聞く。安全?衛生?費用?、それとも?
観光政策とは権力行為ですから、まさにコロナウィルス対応といッタ問題への対応が最重要課題なのです。IRや宿泊税より更に政策らしい政策ですが、関係者は黙して語りません。残念なことです
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,181 億円

業績