新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
機械や人工キャラとの共生は西洋より日本が得意なようです。一神教の神のみが作り給う生き物とは違う生物の受け入れ方と、八百万の神が遍在する環境との違いでしょうか。ヒト型ロボット、しゃべる自販機、大量の怪獣やゆるキャラ、いずれも日本の特徴。機械に対し、しもべや教師という役立つ存在より、友達・家族という対等の役割を求めるのも日本的です。
ロボットにそれを求めるか否かは別として、「思いを受け取る受け皿」を必要とする人は本当に多いと感じます。特に人生折り返しを過ぎて、友達が病気になったり亡くなったり、親が亡くなったり介護になったり、自分の仕事の限界が見えてきてしまうなどと、不安が大きくなればなるほど、自分の「居場所」を探したい人というものは多いのかな、、、と感じます。

このロボット、それにしても可愛いですね。娘が横で「欲しいな」とか言ってます、、、、
AIで生産性向上やデジタルビジネス変革(DX)に注力していると、どれだけ役に立たない(=実用性の無い)ことができるこそが、豊かさではないかとも思います。

エンタメやレジャーもそうですが、社会に余裕が無ければ文化は生まれません。LOVOTは非実用ロボットの最たるものですが、かわいらしさを極めていける日本は、まだまだ捨てたものじゃありません。

初代AIBOを購入した者として、LOVOTも楽しみにしています。
強いのも、弱いのも、色々あるのがいいのかな。
ガツガツとゆったり。効率化と価値創造。
繁閑。多様性を大事にしていく。
子供の頃にスヌーピーのぬいぐるみを一時も手放さなかった長男を思い出しました。愛おしくなる気持ちは理解できます。素晴らしいロボット。
これから、ますますロボットを作るメーカーが増えると思う。

そうした場合に、この林要さんのインタビューから、ロボットを作る人がどういう「意思」をもってロボットをプログラミングするかがポイントであり、その生みの親(メーカー)が与えたテイストの違いが、売れ行きを変えるのだろうと思いました。
新型コロナウイルスが広がり、暗いニュースが多い中、
かわいいロボットの画像を見てホッとしました。

ソニーのアイボのようなロボットもそうですが、こういったものが必要な世界は近いのでしょうね。
弊社CMTも関わってますね/西井敏恭氏がGROOVE X社CMOに就任。日本の次の10年をロボティクスでリードする
https://marketingnative.jp/groovex/
会社にいてカワイイ。ただまだ早いかなぁという感じ。将来的にはペットの代わりになりうると思う。
「僕らと同じように興味を感じて、僕らと同じように興奮する。そうした「生き物」だから共感するのではないかと。」
先日オフィスに行った時に初めてLOVOTと触れ合うことが出来ましたが、本当に可愛くて欲しくなりました。
生き物らしさが愛おしさに繋がっているというのはとてもよく分かります。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン