新着Pick

日本語試験、合格証を偽造…女「数え切れないほど売りさばいた」

読売新聞
外国人が受験する日本語試験の合格証が偽造され、SNSを通じて日本国内で大量に販売されていることがわかった。日本語試験を巡っては、ベトナムで留学希望者による替え玉受験が相次いでいるが、偽物の合格証を購入するのは、すでに来
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
や、見抜くの困難って、21世紀なんだし、紙の合格証をやめてデータベースに入れて企業はデータベースを参照して確認できるようにすりゃあいい話では、、、?ついでにブロックチェーンでも使えば改竄もできなくなるし、、、

なんなんだ、日本のIT後進性は。いっつも思うけど、日米を比べるとサービスの質は日本が断然上なのに、Webページの質はアメリカが断然上のケースが多い。損してるよなー。ANAとUnitedとか。ってか今回のケースはそもそもいつまで紙だのみなんや、という、、、

ところできのうちびっ子から聞いたんだけど、宇宙検定ってのがあるそうです。
いやいや… 紙の合格書を止めてデータベースを参照する様にすれば終わりでは… 日本のIT後進国化は酷いな… こんな重要な資格で

偽造されているのは、公益財団法人・日本国際教育支援協会が国内で実施する「日本語能力試験(JLPT)」の合格を証明する「認定書」。ある人材派遣会社の代表は「本物であるという前提なので、精巧であれば見抜くのは困難だ」と話す。
今後は能力証明の手段として、「証明書」の単品ではなく「学習履歴」がカギかと(以下引用)

> ブロックチェーンで「学習履歴・成績証明管理」外国人留学生の教育を支援:SONY×富士通
https://bittimes.net/news/48908.html

このシステムは、日本に留学しようと考えている外国人が自国で「オンライン日本語コース」を修了すると、発行された全てのデータと証明書をブロックチェーン上に記録するように設計されています。日本の日本語学校は、「発行された証明書」と「ブロックチェーン上に記録されたデータ」を比較することによって、証明書が本物であることを確認することができます。
職種に依りますが、
個人的には、日本語検定で一番上のN1を持っていても、日本語ができるとは思っていないです。

日本人がTOEICで900点以上持っていても英語を必ずしも話せる訳ではないのと一緒です。
少し難しいことだと理解していないケースがあります。

こういった検定を重視するのは、世界中で日本だけなのではないでしょうか。
きちんと面接すれば分かるものだと思います。

私はコンサルティング会社に勤めているので、面接では、ケーススタディを必ず行います。
一般的なシチュエーションを仮定して、相手の回答と反応を見ています。
これで大抵分かります。

小売であっても少し趣向を変えればできることなので、試してみてください。
何でもビジネスにしてしまう着眼点が(悪い意味で)スゴいです。

しかし、合格証があるだけで簡単に採用する企業がたくさんあるのでしょうか?
面接をすれば日本語能力の有無はすぐにわかります。

採用する側がこのような試験に乗っからず、独自で判断すればいいだけのこと。

それとも、合格証さえあれば採用してこき使おうとするブラック企業もあるのかもしれません。
みんなが書いている通り、2020なのでデータと紐付けたいですね。
偽造で通用!は映画「パラサイト」の家庭教師くらいに留めておきましょう。
語学力といえば、英米のMBA取得者でも、驚くほど英語の下手な日本人がいるから、人のことはいえない。