新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ政権がやっているように関税をテコにして交渉を進めるのは、米国の市場が巨大で、それ抜きにはビジネスが成立しないほどだから、という条件がある。イギリス市場はアメリカのそれとは比べものにならないほど小さい。ボリスにトランプの真似は出来ない。
ジョンソン首相とEU側との根本的な亀裂は、通商協定を結ぶ期限だ。タイムズ紙の記事でも、関税の話だけではなく、ジョンソン首相が移行期間の延長の繰り返し拒否していることが報じられている。一方、EU側は、大前提として、そもそも今年末までに通商協定をまとめることは不可能だという立場だ。
ドイツを始めとする対EUで大きな貿易赤字を出し、全体としても貿易赤字の英国で、反グローバル化のエネルギーを梃子に政権を取ったジョンソン首相は、そういえば、トランプ大統領と立場が似ていますね・・・ トランプ大統領に倣うのも分からないではないけれど、米国との違いは国内市場が小さく貿易依存度が高いこと、そしてポンドが既に基軸通貨として頼りにならないといったところでしょうか。トランプ大統領の向こうを張ってどこまでEU、そして世界を相手に貿易戦争を戦うことができるのか。輸入と輸出の間で生み出す価値が減ると、結構影響は大きそう (・。・;
貿易額を見れば、少なくとも圧力かけられる側にあるのはEUではなく英国でしょう
なんでこう言う記事の見出しで「関税の不均衡是正を検討」って書かないんだろう?
トランプさんの件もそうだけど。

記者が無知なのか?
ジョンソン首相は、トランプ大統領と気が合うようですが、今は、大英帝国の時代ではありませんから、軽い気持ちで真似をする前に、経済のブレーンによく相談をした方が良いです。

まずは、EUを離脱するのですから、同盟国作りから始めるのが順当でしょう。

また、ポンドはプレグジット問題で弱含みが続いています。
今、関税を上げて輸入品の価格が上がるのはイギリスにとって国内景気に悪影響が大きいと思います。

輸入に依存をしているという点ではアメリカと同じでも、他の条件が違い過ぎます。

まぁ、アメリカのトランプ大統領とやり合ってくれるのは、好奇心として見てみたい気はします。
→アメリカも候補に入っているらしいので…
ジョンソン首相は勘違いしていますよね。

イギリスはEUに対して高関税をかけられるほど強い国でしたかね。
人口も経済規模もはるかにEUの方が上です。

強気なのが国民から支持されるのでしょうが、アメリカとは違うことをわかった方が良いです。

金融あってこそのイギリスであり、
それはEUであったことによって下支えされていました。
ジョンソン首相がかつてロンドン市長であった時に、
足元のFinTechの勃興で感じ取れていたはずです。