新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一部の報道ではウイルスタンパク構造解析で新型コロナウイルスに対し、既存薬から効くものがあるかどうかの臨床を行った結果、抗HIV治療薬のロピナビル/リトナビル(商品名カレトラ)を4錠投与した患者160人が症状が大きく改善したとのこと。
https://mp.weixin.qq.com/s/3H2bwZeh6TP1SxdlZAoj8g

報道が事実なら既存薬が効くことが分かったのは大きく、研究が進めば大きな光明になるかもしれません。
因みにお値段は一錠332円で4錠1328円とのこと。

それにしてもシーケンサーによるタンパク分析で、直ぐに効果のある薬が絞り込むことができるというのは、現代の医学技術はすばらしいですね。
1日も早く新型コロナウイルスに対処できるワクチンや処方薬が完成することを心待ちにしたいです。
100万人が来日するとされる日本では、多くが訪問する新宿、秋葉原、渋谷、銀座、道頓堀、心斎橋、ディズニーランド、USJなどは、行ってはいけない。または行かないように促すのが、会社としての責務だと思います。
当社コンサルティング事業室(秋葉原)は、火曜から在宅勤務ができるようにすることは決めました。
まさに記事中の「湖北省、武漢市政府の背任職員は天下の大罪人だ」ということですね。

そこで面子にこだわらず、適切に対処していれば、早期に封じ込めできたものを、世界を巻き込んでしまいましたから…

収束してからだとは思いますが、関係者への適切な処分は、今後の再発防止には重要でしょう。

日本も中国からの渡航者(国籍問わず)に対して「スクリーニング対応」(一定期間隔離してからの入国)を実施しなければ、どんどん感染は拡大していくリスクが大きいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ついに国内の移動だけでなく国際線の団体旅行も27日から禁止になります。
中国は抑え込むのに必死ですね。連日テレビで外出を控えるようにアナウンスされています。
いつも強気な中国スタッフも今回は弱気というか、真剣です。中国国内はかなり深刻なのだと思います。
中国政府が、どれだけ実態に近い患者数を全土で把握出来ているかが、一番気になります。

死者が中国本土で56人となり、発症者は1975人に増えたと発表した。上海市、河南省で初めて死者が確認された。重症は324人に上った。感染の疑いも2684人

これは、あくまで中国政府が把握している数値です。

中国に限らないことですが、実数と把握出来ている数値は違います。
今回のコロナウイルスは、潜伏期間が長いこと、当初の見通しが甘かったことから、感染者数のトレンドが全然読めません。

あと、一般的な傾向としてウイルスはだんだんと耐性が強くなるはずです。
その辺りの状況を、治療法の確立の目処も含めてもっと情報を開示して欲しいですね。
患者の数はどんどん増えていますが、死者の数は3%弱で変わらずです。
亡くなられた方の属性や状況は知りたいところです。
高齢者や特定の疾病にかかっている、または、受診が遅れたなど。

感染に気をつけるのは必須として、重症化しないために早めの受診を心掛ける必要があります。