新着Pick
839Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サブスクリプションは厳密には支払い方式の種類ではなくて、事業形態の一つです。ユーザーIDを起点に企業とユーザーが繋がり、ユーザーの行動を分析して既存サービスとは違う新しい価値を提供するのがサブスクリプションです。この記事で紹介されている限りではRentioがやっていることはレンタル事業の様に感じられます。季節モノやイベントものの商品が良く利用されていること、カメラや新しい料理器具といった上手く扱えるかわからないものに需要が集まるのもレンタル事業ならではかと思います。

推測ですが、Rentioはただ他社製品をレンタルするだけでは終わらないかと思います。記事にも書かれていますが「メーカーの作り方も変わる」というのはその通りなので、ユーザーデータをメーカー側に提供して、メーカーと一緒により良い商品を作り上げていくマーケティングを生業にしていくのかと思います。規模や影響力が大きくなれば、在庫もメーカーに任せられるかもしれないですね。
レンタルビジネスは、融資の変形で金融サービスなのです。まずは本人確認。そして借り手の信用力を測定する。アリババのジーマクレジットのようなソーシャルスコアを利用するといいですね。

返却時にモノがどれだけ丁寧に扱われているかで、借り手のソーシャルスコアをアップしたりダウンする。中には、転売してしまう悪意をもった人がいるかもしれません。その抑止力になるのがスコアです。

ともあれ、暖房器具を冬の期間だけ使って返却できるサービスはうれしい。収納するスペース料も考えれば、やすい。
「モノのサブスク」の難しそうなところ2点

①初期コスト:「サービスのサブスク」と違って必ず初期にモノの製造がセットなので、金融の発想(月賦払、クラウドファンディングなどなど)がセットでないと幅広い消費者に届かない。

②買替コスト:サブスクは、定額払えば使い始めたサービス/モノが改善され続けることを前提として、企業と消費者のモチベーションを揃えるビジネスモデル。モノの劣化時にも消費者が急な出費を強いられると成立しない。買替コストを企業が負担するなり、これまた金融の発想が必要。

と、つらつら書いてましたが、iPhoneはモノのサブスクとしてほぼ完成していますね。あれだけの資本力と、仲介業者(ソフトバンク)の金融活用があるから初期コスト・買替コストのボトルネックを緩和できてる。購入後はアプリ、音楽、クラウドで稼ぐ。

サブスク自体が他のビジネス違う部分については、下記が多少参考になるかと思います。
<サブスクリプションにおける4Pの変化>
https://note.com/delpie6/n/nbf1898d61dfe
記事に出ているヘルシオホットクックは、カカクコムを見ると一番安いモデルの一番安い価格は3万3500円、ティファールのクックフォーミーは2万2000円。それを14泊15日で5980円もしくは返済期限なし1か月4000円ということで、消費者にとってはお試しする価格は大体半年~8か月保有するのとの比較。
調理や掃除家電は、日常生活のなかでの習慣。その意味で、習慣をこれくらいのサイクルで変えたい人はそこまでいないのではと思う。あとは最近はメルカリなどもあって買って気に入らなければ中古に出したほうが、よほど短期ではない限り回収率が高いかもしれない。
むしろメーカーが直接、もっと低価格でやる方がいいと思う。3年単位の契約とかであれば安くできるし、更新するときにモデル交換・割引とかすれば、毎回のCAC(顧客獲得のための広告などのコスト)を一気に削減できる。
ソフトと違い、常に最新のものを提供するということはできない(求めていない)ことも多いと思うが、交換サイクルとそれに合わせた獲得コストと合わせたインセンティブ設計は、まだまだ進化できると思う。
サブスクリプションといえば新しく聞こえますが、記事にもあるようにRent to ownですよね。おっしゃるとおりで2000年より前にRent a centerやAaron’sは上場しています。なので、決して新しい動きではないです。

日本にもスタイリクスというサービスがあり、まさに家具のRent to ownを15年以上日本でやっているんです。ご存じの方がどれだけいるかわかりませんが。というのも私が日本で共同創業した事業でして。。。。

10年ほど日本で家具の”サブスクリプション”ビジネスをやってたものからすると、いくつかポイントがあります。(私のコメントなんて大して見られてないと思うんで”中の人”の話をしてしまいます)

1.小売価格と仕入れ価格のギャップがポイント。なので家電は難しい
2.物流コストがあるため、デジタルのサブスクリプションとは収益構造が全然異なる
3.商品に対するこだわりは高いので、回転は大してよくない
4.日本の消費者はアメリカよりもクレジットに対する親和性が低い
5.資金繰り(ワーキングキャピタル)が大変
6.仕入れ販売では顧客の意見を反映しずらいので大変(特に家電)

もちろん日本の消費者のマインドセットの変化等はありますが、なかなかそう簡単にスケールしないんですよね。ここであげたポイントは表面的にもわかるものなので出したまでですが、本当は裏にはここに出せないもっと深遠なポイントがいくつもあります。

がんばってあきらめずに続けて頂けることを願っております。
あまり知られてなくてないのですが、ダイソンもサブスクやってます。私は掃除機とドライヤーのプランを利用していますが、モデルがよく変わったり壊れやすいものは、すぐに交換してくれるのでサブスクがもっと増えてくれないかなと思っています。
買ってみて、あちゃーという経験がだれでもありそうなのが家電。使い勝手が自分には合わなかった、おもったより使わなかった、などなど。お試し的に数ヶ月使ってみたいという方が多そうな気がします。

サブスクではないですが、シンガポールでは在留邦人向けの掲示板で「売ります買います」が盛んに行われています。日本人が使いそうな家電や家具であれば、だいたい売却できます。多くの方が3-5年という年限付きなので、その間使える家電ならば、あまりこだわらないという感じでしょうか。(日本ほどのバラエティーはそもそもないですし、日本で家電量販店に行くと一日中いられる気がします)
床拭きロボット、ブラーバジェットをRENTIOで一年型落ちモデルをはレンタルし結果的にそのままお買取しました。
買取金額だけ見たら返品し、Amazonで再購入した方がお得に最新モデルをゲットできますが、何せ便利。返品も面倒笑
割高でも楽したい、使ってみてよければそのまま使いたい、
サブスクレンタルから購入する、RENT to OWNの確度は高いと思います。
家電のサブスクリプションはありだと思います。

車のサブスクリプションは、レンタカーもありますし、リースや残価設定型ローンもあるため、差別化がしにくく、事実上、失敗に終わりそうです。

しかし、家電の場合、レンタルはそう普及しているものではないですし、車のように試乗という仕組みがなくお試しができないので、ありうるのではないかと思います。

この観点からすると、アメリカでサービスがある「購入選択権付きレンタル」というものは、とても良いのではないでしょうか。
モノのサブスクは囲い込むなどうまくやらないと「リースと何が違うの?」になってしまいます。

うまくいくかいかないかの違いはこちらで解説しています


https://r.nikkei.com/article/DGXMZO42984810X20C19A3000000
この連載について
いま、家電量販店業界に「ある異変」が起きている。人々が、家電量販店へ行く頻度が減り続け、歯止めがかかっていない。一方、家電量販店側は、この変化に対応するため、他業種の企業を買収するケースが次々と出ている。家電を売る側・作る側で全く変わってしまった「新常識」を、NewsPicks編集部が掘り下げる。