新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミッションを理解し共感し、その先にある定められた行動の一つ一つに対して「なぜそれをするのか」納得感と共に気持ちよく動け、応用となるミッションに基づく自由な行動や発想が自主的に生まれてくる。
学生アルバイトも多いので、これらを上手く実現してるのは本当にすごいなぁと改めて感じました。
スタバでのバイト経験が、働くことへの快感の原体験になっている人も多いような気がします。
以下、日本でも大事ですが、日本企業が海外で拠点を設立する時には、最重要のことだと思います。

(以下、記事中から引用)
ミッションに沿った皆が納得するような人事をしなくては、ミッションは決して浸透しません。それは採用にも当てはまります。会社の価値観に合わない人はいくら能力や実績があっても採用しないことです。

私は様々な企業で、採用の間違いを多くみてきました。私自身も何回も失敗しました。仕事の失敗はいくらでも取り返しがつきますが、採用や人事の失敗は大きな代償を伴う、ことを肝に命じてください。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自分を育てて下さった方のうちの一人で、最も尊敬している先輩はスタバとディズニーでアルバイト経験がありました。
何がすごかったかを端的にまとめると、、、

お客様のニーズを汲み取り工夫して実践する力と実際のコミュ力
組織のミッションと仕事における自己実現を重ねられる力
チームメンバーへの配慮と自然なコーチングスキル
新たな知識や技術の勉強と趣味や交友の広さ
そしてかなりマイペースなプライベート

今でも感謝しております。
パートナーのみなさん、スターバックスが大好きですから。

最近、豆を選んで抽出してもらうスターバックス リザーブを飲む機会が増えました。

美味しいコーヒーはもちろん、パートナーの熱のこもったトークが楽しいからです。

単にコーヒー飲むのではなく、五感で味わうちょっとした時間を充実させてくれます。

スターバックスの妥協しない研修が、この価値を生み出していますね。ディズニーのキャストとゲストの関係に近いものです。
日本のスターバックスの人は感じが良いですよね。
日本で気持ちよく飲み物が買えます。
最近、近くのスターバックスで働いていた方が航空会社のCA試験に数名受かりましたが、それもうなずけます。

それに比べて、日本の喫茶店チェーンの中には、きちんと挨拶ができない社員がいます(寧ろアルバイトの方が丁寧)。
これでは顧客離れも当然です。

その一方、アメリカのスターバックスは少し違う気がします。
アメリカの中では良い方ですが、日本と比べると残念な対応もあります。
国ごとの標準に合わせて、サービスも教育も変わるということでしょう。
ローカライズを考えると、それもあるべき姿と思います。
顧客が求める"Third Place"を提供し続けるためには、働く者、一人ひとりの価値観の深い理解と体現力が求められる。だからこそ、顧客接点を受け持つ大事な役割を担うアルバイトを"パートナー"として扱い、教育も施されるのだと思う。パートナーという意味合いは、単なる従服者ではなく、価値観を一緒に体現する"共感者"として責任を負うことを意味すると思う。個人的には、80時間が多いとは思わない。OJTも加えたら、もっと多くの時間が費やされていると思う…。ファンを持つ人も多いのも、ここで働く意義を自身で見つけられている人ではないかな…。明日もスタバに、パートナーの人に会いに通うと思う。
スターバックスのブランド戦略の多くはアルバイトさんから発信されるので、その教育は非常に重要。
待ってる間にも満足してもらいたい。
アルバイトの方が話していた。
素晴らしい。
確かにスタバのスタッフには共通する接客スタイル、雰囲気があって、店によって大きなr差がなくできているのはすごいことだと思います。

これを実現するための仕組みは研修以外のところにもいろいろとあるはずで(採用とか)研修時間だけではないはずなので、そのあたりを全体的に解説しているのであれば興味深いです。
ミッションの「人々の心を豊かで活力あるものにするために ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」ということが一番重要でそれに沿って全体が動いている、動けるようになっていることがすばらしい。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
8.30 兆円

業績