新着Pick
545Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツシューズ関係者が話していました。ナイキの功績は大きいし、競合他社含めて業界全体にいいことだ、と。
その理由は、ランニングシューズのイノベーションを起こした。結果として市場が再び活性化した。
実際、シューズの価格が高くても、爆発的に売れています。ただ、あるスポーツ用品店に行ったところ、他社製シューズは最新作がセールの対象にされていましたが...
考え方の違いが大きく出たのかも。
海外選手は筋力をつけることを意識するけれども、日本人選手はとにかく軽くして速さを求める。この発想の違いのような気がします。どちらがいいの話ではなく考え方の違いでしょう。
機能とデザインのまとめ方がNIKEは上手いんだと思う。
アシックスのメタライドはさすがに履く気にならないなぁ。
スピードアップは魅力的ですがその分体への負担は増えるわけなので、厚底シューズ利用選手の故障発症率が気になるところです。
まさにコロンブスの卵!


レース用シューズは「薄くて軽い」が常識だった。少しでも軽くすることで、エネルギー効率を高める、、、という常識に真っ向から挑んだ結果
直近のレースで次々と結果を出している、しかも圧倒的に!
長年のNIKEファンとしてこれほど痛快なことはないです
良いモノ、には目指す結果のための機能にくわえて(軽く)
プレイヤーに優しく(足のダメージの軽減)
かつ入手可能な価格(マスへも展開できる)で
提供できる、という
トレードオフの組み合わせみたいなところを突破した
ナイキがこのタイミングで、秀でているということでは。
記事には、勝てない理由は書いていませんでしが、
頑張って欲しいです。
タイトルの割には、結論は「一般的なマーケティング」というオチ…それが「致命的な理由」でしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
1分以上もタイムが縮まるようなシューズだったのか。本当にかつてのレーザーレーザーみたいなシューズなんだな。良いものを作る事にプラスアルファでマーケティング戦略もしっかりと機能しないと有力選手の確保は難しいな。
ナイキのプロダクトだけでなく、「試合巧者」ぶりが伝わってくる記事。
2021年はオレゴンて世界陸上。
世界新が連発するだろう。
株式会社アシックス(英語: ASICS Corporation)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く、大手総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
4,551 億円

業績

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績

ミズノ(登記上の商号:美津濃株式会社、英語: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
593 億円

業績