新着Pick
919Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今どこのマーケットでも業種でも、大きな変化がすごいスピードで起きている。
自分の周りでも。 
わかりやすい記事。
スキルの低い労働者が辞めて、スキルの高い労働者が生産性を上げていると書いてあります。
今まで働いていた労働者はどこで働いているのでしょうね。
アメリカの失業率は下がっているのどこが吸収したのか疑問です。
日本の製造業は現場のアナログ、すり合わせの強みに過度に依存している。だからデジタル化に非常に遅れている。デジタルツインといわれるデジタルを生かした開発、生産プロセスであればシミュレーションを駆使し、試作なしで量産ができる。3D化も日本は遅れている。日本は強いすり合わせ力があるのだから、強いオペレーション技術を使い、それをデジタルで実装する力を養えば、生産性も大きく向上できるはず。工場内の役割、縦割りな組織を考慮し、雇用を守るあまり、デジタル化による新しいプロセスが構築できなければ、日本のすり合わせ力は過去の遺産になってしまう。
「私がいる」読ませる文章。製造業の雇用が失われるのはグローバル化とともにこの記事の自動化、オートメーション化。雇用減は構造的。
この記事は人材や教育の問題を取り上げているが、雇用が減っても生産性が上がっているのは純粋に人間の労働が機械に置き換えられているからなんじゃないかと思う。
製造技術を革新させ、製造の難易度は上がっているとは思いますが、
これは低付加価値な製品を国外にシフトさせ、
高付加価値な製品を国内で作ることが加速化したからではないでしょうか。
更に、生産現場では難易度が高い仕事と低い仕事に分かれ、学歴に応じて二極化しているのではないでしょうか。

アメリカで一般消費者が手にできる国産工業製品は、車以外はあまり見ない気がします。
生産性があがったとしても、それとは違う大きな課題が米国の製造業には、いくつもあると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
なぜか?どうすべきか?どうすべきだったのか?あのようにして良かった。すべての問題はこれに尽きる。その視点でアメリカ製造業が30年で一千万人の労働人口を減らしながら生産性をあげることに成功した理由を説明した記事。とても面白かった。なぜか。どうすべきかと、問題点を発見して解決策を導くのが苦手な人には参考になる。
>最新技術搭載の機械購入は新たな問題を引き起こした。購入した機械を動かすためには、それまでとは違った能力を持つ人材が必要だったのだ。新たなソフトウエアを動かし、数値を計算して打ち込み、時にはコンピュータ修理も必要だった。

日本の製造業を支える中小企業の生産性向上にも共通する課題と聞きます。その他、協働ロボットなどの機械がよりユーザーフレンドリーになることを期待してます。
意味不明なタイトル

>雇用が減少する中で、生産出量はむしろ8%増加している。

生産性が上がっているからじゃん。誤訳?