新着Pick
695Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
制度背景や規模感、介護労働者など、日本とはまた異なるアメリカの高齢者介護の様子が垣間見えますね。
介護家族視点の情報記事でありながら、ケアの質に関するところで意外だったのが

〉「オンラインチェックリスト」を利用するのもいいだろう。さらに経営陣の目標について質問することを、マルルーニーは勧める。「入居者とりわけ声を失った人のエンパワーメントに力を入れているか」

ということが家族が施設を選ぶ際のチェック項目、質問項目として挙げられていること。
日本の一般の方々、入居者のエンパワーメントに力を入れている施設かどうか?ということ自体やその実際の意味がわかるでしょうか。よくわからない方が大半かもしれません。
つまり、アメリカでは介護家族側における、介護の質に対するリテラシーが日本よりも高いのかもしれません。もしくは介護の質というよりも、人がより良く人に接して自立や意欲、生きる希望を促進するという考え方が多少は一般的ということかもしれません。

介護家族側が求める、親の介護における質について学びを深めることも大事と思います。介護を受ける本人もかもしれません。「受援力」という言葉があるそうで、今後はこうした力も大切になってきます。
これはQuartz特集の一部抜粋ですが、これまでの特集の中でもベスト3に入る反響で、米国における関心の高さに驚きました。高齢化で世界最先端を行っている日本がもっと模範となる事例を作り世界に示せると良いなと思いました。

全特集はこちら。
The birth of geriatric cool
https://qz.com/guide/geriatric-cool/
医師として東南アジアで支援を続ける中で気がつくのは、東南アジア諸国でもここ10-20年ほどで急速に高齢化が進み、日本に少しずつ追いつこうとしていることです。

しかし、それらの国々では、社会がまだそれに適応できておらず、少なくとも医療の世界では、病気の主体が感染症から生活習慣病へと移行する中で、そのノウハウが十分確立できていません。このため、高齢化で世界をリードする日本から学びたいという声を各地で耳にします。

医療の発展に伴い、「高齢化」の市場は、先進国のみならず、現在または近い将来の発展途上国でも急成長することが予想されます。つまり、例えば日本で成功したモデルは、東南アジア各国でも適応拡大できる可能性があり、その市場は予想を上回る規模になるかもしれません。

これは介護に限らず、医療、医療機器、生活用品など幅広く言えることでしょう。日本で質の良い高齢化対策を進め、それをアジアのフィールドで拡大していくという動きは、今のところ互いの国にとってwin-winの関係となる可能性が高いのではないかと思います。

最後に、記事で触れられている「認知症」については、ニューズピックスのオリジナル記事で最近取り上げさせていただきましたので、ご覧になっていない方はこちらも併せてご参照ください。

https://newspicks.com/news/4539937/
「高齢化」といえば、日本の代名詞ですが、先進国ではどこでもすでに大きな課題になっています。「老齢期は、ミレニアルズと似てきた」というテーマで年始からとても大きな反響を得たQuartz(https://qz.com/japan/)の特集を是非ご覧くださいませ
医療・介護は日本のGDPの1割.55兆円産業・雇用600万人にまで成長し、自動車産業と同規模になっている現状を分析し『日本国・不安の研究』にまとめました。
 まさに若者よ、高齢化の現状、その持続可能性に目を向けよ、です。

 https://note.com/inosenaoki/n/nde65ca3d78b0
この記事が描くのは、米国の高所得者向け高齢者施設ですね(毎年4千~5千ドル、諸費用別)。
 米国では低所得者の平均寿命が下がり続けているとはいえ、自由主義の国アメリカでは、中低所得層向けの高齢諸施設は高所得層向けに比べるとはるかにに充実していないであろうことが推察されます。何せ公的介護保険など無く、家族介護と自己負担が原則です。
 高所得層向けの施設でさえ、外国人労働者に依存している以上、中低所得層向けの施設は、さらに外国人労働者を必要とするでしょう。もしくは、衰退する産業の労働力をケア産業に回す、といった、日本でも見られた議論が活発になるでしょう。
 グローバル・ケア・チェーンは、露骨に安価な労働力を求め、人の移動を促進しています。東南アジアでも急速な高齢化が進むタイでは、ミャンマーやラオス、カンボジアの外国人労働者がケア産業を支える構図がすでにできあがっています。
 当面は、世界中でグローバル・ケア・チェーンは太くなっていき、そこに乗せる外国人労働者の奪い合いが激化していくでしょう。
ちょうど京都の壬生寺の中に老人ホームがあることを知り、ホーム事情詮索してたとこだったのですが、あんまり現段階ではそのうようなものは少ないんですね。
高齢化社会で、お寺と老人ホームの融合ってなんか日本的にはもっと可能性ある気がしているこの頃。
既に団塊の世代が高齢化する中、団塊ジュニアにとって深刻な問題です。

子供は東京にいて、親は地方にいて他に身寄りが無ければ、介護が必要になった際、子供が親の面倒を見るしかなく、激しい二重生活をしなければならないです。
最近は介護施設が増えて来ていますが、お金が多くかかります。

間も無く、本当に深刻な事態が訪れますが、
それに備え、兄弟と話し合っておいたり、親の近くに住んだり、親を近くに住まわせるなど、早めに手を打っておかないと大変なことになります。
そんな中、2030年までにアフリカ大陸の人口(約16億人)の6割が25歳以下というスタッツも。なんかすいません。。
世界中が高齢化に向かうなか、日本が高齢化対策の見本になるような制度を作ってほしい。