新着Pick

鹿島、工事請負会社に就職のミャンマー人に研修 帰国後担い手に

産経ニュース
ゼネコン大手の鹿島は24日までに、同社の工事を請け負う協力会社に就職するミャンマー人に、来日前に現地で安全教育などを実施し、毎年100人規模を協力会社へ派遣する方針を明らかにした。人手不足対策の一環で、建設大手では初の試みという。鹿島は海外での大型開発案件も多い。日本で働いた外国人技能者らがノウハウを身につけ帰国すれば、それらの国々で受注する工事の担い手になるとの期待もある。
5Picks
Pick に失敗しました