新着Pick

「新型肺炎」日本の備えに不安しか募らない理由

東洋経済オンライン
中国の武漢で発生した新型コロナウイルスによる流行性の肺炎が世界の関心を集めている。1月22日現在、中国本土での感染者数は542人。感染者は武漢だけでなく、湖北省、広東省、北京市、上海市、浙江省などで確認さ…
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"日本と中国は飛行機でわずか数時間の距離で、潜伏期間の患者はどんな方法を使っても食い止められない。

2009年の新型インフルエンザ流行でも、空港検疫で感染者一人見つけるのに、14人の感染者を見逃していたと推計されている。"