新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「財新」の取材の時点でフェイクニュースの可能性はない。というか財新がこれを取り上げるということは政府も隠蔽している場合ではなく、本当にヤバい状況だから対策を急がなければと態度を変えてる。日本政府も危機感を持って対応を急ぐべき!

武漢で1月21日から22日にかけて調査を行った重症急性呼吸器症候群(SARS)専門家で香港大学教授の管軼(グアン・イー)氏は、現地メディアの「財新」の取材に対して、「保守的に見積もっても、今回の感染規模はSARSの10倍以上だろう。武漢は既に制御不能だ」と語った。

管氏は2003年にSARSが爆発的に流行したとき、感染源を市場の野生動物と突き止めて政府に対策を進言、一層の感染拡大を防いだことで知られる。
これが実情だとしたら相当に深刻。他のニュースを見ても、中国政府のなりふり構わぬ感しか伝わって来ない。
パンデミックの恐ろしさを痛感。