新着Pick
979Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年間2億円の売上で25億円の赤字を垂れ流す会社で、かつ顧客基盤も一桁少ないところを買収するのに支払う金額は備忘価格程度かなと推察します。
1円で買っても、サービス止めたり、リストラ費用含めて、下手すると赤字25億円といった規模ではかかるのでしょうから。

店舗ネットワーク(正確には、それを開拓、深耕するためのアライアンス)を買うためであったとしても、中央信金だけでなく、各信金を一つづつ丁寧にネットワーク化できていて、具体的なところまで落ちていなければあまり価値はないと思います。

私も地方金融機関や、地方商店街と仕事する機会多いですが、そのスピード感は、スタートアップする企業と比較するべきでもないのは自明で、とても時間かかるし、かけなくてはいけまけん。
結局、メルカリが、今後、自分で丁寧にルートセールス繰り返していくのだとしたら、ORIGAMIが破綻したので、中央信金とはうちでやりましょうでも済む話だと思います。

時間を買うにしても、自身も赤字の中で、キャッシュもそこまでないですし、中央信金との提携だけに100億単位のお金は出せないでしょう。誰がどう見ても400億円を一度つけたのは凄いなと思います。

本当はセゾンがそのままやり切るってのが筋だったように思いますが、彼らも競争には加われないと断念したということですかね。

「もうタダでいいので従業員を守ってください」
「(採用費とネットワーク開拓で10億円ちょっとだと思えば)やりましょう」

くらいだと拝察します。
あくまで、限られた情報の中での私だったらの感覚ですが。
周りが何か言うかもしれないけど、キャッシュレス社会を8年前から信じてきたOrigamiは本物のスタートアップと言いたい。
誰も相手にしない畑(以前にただの荒野)に立って、ここに金が埋まってる!と叫んで掘っていくのがスタートアップ。
正直Origamiを使ってるユーザーは見たことないですが、多くの加盟店では今のキャッシュレス戦争前に出てきたWeChatやAlipayよりも先に入っていたことを覚えています。

とはいってもあんなに頑張って加盟店数19万と、他の企業と一桁違うのが他人ですが歯痒く思います。
メルカリは加盟店数に加えOrigamiが持つ信用金庫との販売路線を確保できたことが一番大きなメリットですね。
ペイメントサービスは既に資本投下量勝負の世界なので、今回の買収が競争のランドスケープを変えることになるとは思いません(個人の感想です)。

——
資本投下量勝負の世界線のケースで言うと、2000年代のADSLなど高速通信の世界。ここでは、現在のペイメントサービスと同様にたくさんのベンチャーが産まれていました。そして業界再編が繰り返され、意味のある規模で生き残ったのは大手資本だけ。
最大の業界再編は、ソフトバンクのeAccess買収でした。あのときは、規制産業における通信帯域という権益を持っていたeAccess(eMobile)は、その権益の価値にてソフトバンクに対してプレミアムでのイグジットになりました。

現在の本邦ペイメントでも、もっと業界再編が進むと思います。けれども、かつての通信帯域のような貴重な権益は存在しないインダストリーなだけに、今回のOrigamiのように過去に投下した資本対比で安価の買収が続くだけの気がします → 最後に振り返って見て、累積で得したのは還元を楽しんだ消費者だけに。
見出しの通り、Origamiから見たときは救済。一方でメルペイにとっては記事にある「渡りに船」には、自分は見えない。LINE・ヤフーの統合で劣勢に立っている以前に、Paypayの札束構成で劣勢に立っている。
決済系は消費者とチャネル(使える場所や金融機関)という2種類の顧客がいる。今回は特にチャネルを買うという観点ではあるが、Paypayは勝つまで札束攻勢を続けてるとシグナリングしていて、構造は変わらないように思う。

昨日も書いたが、決算を読むノートのShibataさんの下記のTweetが、Origamiのここ数年の推移への考察として興味深く必見。ヤフー・LINEの買収合意してから統合までに期間があるから、投資先行型にとっては二社以外による買収か、資金調達を急がないといけないタイミング。
https://twitter.com/shibataism/status/1220253337397776384

下記は昨年7月のソフトバンク宮内社長へのインタビュー。勝つまで札束勝負宣言。そこでも合従連衡へのシグナリング、と書いたが、あまりシグナリングとしては効かずに各社の赤字がここまで伸びてきている印象。そして厳しくなって、合従連衡が始まった。
今後は、残っているプレイヤーが、楽天、ドコモ、ファミマ、ポンタ(ローソン、KDDI)あたりに吸収されていくと思う。これらは資金体力が既存事業であるので買える。
https://newspicks.com/news/4055959

<追記>ちなみに、スキームとして一旦創業社長の安井氏が株式を取得してメルペイに譲渡するとの記載がリリースにある。クレディセゾンなど既存株主が直接メルペイに譲渡するのではなくいったん安井氏の全株取得を挟むのはどうしてなのだろう…
あと朝945時点でメルカリ株は-5%ほど。<追記終>
メルペイとOrigami Payという直接の当事者の
関係はもちろんだが、今回のディールを後押し
した推進力として信金中金の存在は大きいと考えている。

今回の買収を発表した当日に、メルカリ・メルペイと
信金中金との業務提携が同時リリースされたのが、それを
裏付ける。

信金は、地域経済の「殿様」などと揶揄される地銀とは
比べ物にならない危機感を抱いてサバイバルに向けての取り組みを進めている。案外知られていないが、信金中金は、傘下の信金の取引先企業の販路開拓や資金調達支援の観点にたって、クラウド・ファンディング企業との業務連携を数年前から行っている。その姿勢は、前のめりそのもの。相対的に零細な金融機関としての危機感の現れだと感じている。

彼らにとって、スタートアップとしてはイケてるが、頼りにするには弱すぎるOrigami Payよりも、資金力・ブランド力で勝るメルペイ・メルカリと改めて組むことが、魅力的に映るのは明らか。彼らの融資先である地域の事業者の販路拡大に期待を持っているのは間違いないし、事業者からみれば、(購入型)クラウド・ファンディングで物を売る(=予約販売)のもメルカリで物を売るのも同じこと(商品を消費者に直接売るという意味)だということだ。しかも、信金という業態は、地域ではメガバンクや大手地銀よりも消費者に近い。

今回の買収劇は、この三者(Origami、メルペイ、信金中金)の微妙な「お家事情」のバランスの上に成立した物だろうと見ている。そして、この新たな「メルペイ・信金」の連携が、リアルとバーチャルを効果的に繋ぐ装置が動きはじめることで、「空中戦」で先行するPayPayやLINE PAYの足元を、「地上戦」ですくいにくる勢力が生まれる可能性が高いと評価している。
今日のメルカリの株価に、決済サービスに対するマーケットの見方が表れるのでしょう。

今年は大型調達を済ませた目立つスタートアップで行き詰まる会社が何社か出てきます。
スタートアップである以上、それ自体は仕方ないことですが、現在のベンチャー投資額の多くを事業会社が占めている現状を思うと、羹に懲りて膾を吹くといった状況に陥らないかが、やや懸念事項です。

広く社会全体から見れば、スタートアップの活動は新たな産業を創出するR&Dであり、個々のスタートアップはその一つの駒という位置づけ。
R&Dである以上、うまくいくものと、そうでないものが出てくるのは当然ですから、その過程で道義に悖る出来事がない限り、前向きに捉えるべきでしょう。
メルカリは、Origamiの顧客基盤が欲しいための買収かと思ったら、全然違う真相にたどり着きました。
ただ、メルカリにとっては、渡りに舟な話です。
メルカリの現在地について書かれた記事はこちら。
https://newspicks.com/news/4560051/body/?ref=series


メルカリのビジネス上肝になってくる出品者にもポジティブな影響をもたらす、今回の買収劇によって、今後メルカリにどのような影響を与えるか、ペイ事業者全体にどのようなインパクトを与えるか、注目です。
Origamiが危ないという話は一昨年からずっと業界内で囁かれていたことです。
そんな中、信金中央金庫とトヨタファイナンスはOrigamiと提携しています。

メルペイがいくらOrigamiとくっついても、楽天ペイやPayPayにはまだ遠いです。
楽天PayもPayPayも顧客基盤はECの顧客基盤です。
対して、メルペイの顧客基盤はC2Cであり、顧客基盤の厚みが異なる点をどうするかという問題があります。

いずれQR決済は廃れる可能性が高いのですから、
メルカリは現在の過当競争に加わらず、QR決済から離れ非接触決済に取り組んだ方が良い気がします。
「三方よし」みんなハッピーな買収ですね。オリガミは逼迫した財務状況の改善。メルカリは信金とのパイプ強化で日本全国のスモールビジネスと接点ができる。信金は顧客であるスモールビジネスの売上アップ提案と決済ソリューションの提供、さらに、メルカリが今後後払いや融資を強化するときに融資先にすることができる。

メルペイは◯◯Payの中では、規模を追わず、メルカリプラットフォームの拡大と、商品の販売で借入を返済するいうユニークな路線を行くでしょう。

独自性がMobilePayには必要です。
昨日今日のニュースや色々な角度でのコメントを読んでの現時点での個人的な感想としては、origami側から見るとkatoさんが引用しているshibataさんのツイートの内容、すなわちもともと大手へのexitがゴールで先行投資を続けてきていたが、最も食欲があるSBグループがLINEとの統合でしばらく動けなくなったことは誤算で、今回のディールも不本意だったのでは、という意見が納得的でした。
メルカリから見ると、中小含めて加盟店の拡充ができたという点、他のペイ陣営へのシステム提供による陣営作りの道が出来た点はプラスではあるものの、物量作戦のpaypay陣営に対しては、またクレカレイヤーも持ち、本来体力のある楽天、ドコモ陣営に対して対抗しうるほどの打ち手には至らない、という感じな気はします
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。