新着Pick

2020年は「日本株が米国株よりも有望」は本当か

東洋経済オンライン
2020年の世界の株式市場は、波乱の幕開けになるかと思われたが緊迫化したアメリカ・イラン情勢が一服。その後の米中貿易協定の第1段階合意などを経て上昇基調が続き、アメリカ、ヨーロッパの主要株価指数は1月中旬…
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事の通り、YCCの枠組みでは能動的な金融政策は難しく、財政政策に依存した受動的な金融政策しかできません。
これっていみじくも、金融政策が財政政策をサポートするために金利を固定するだけの受動的な位置付けとなるMMTと近い枠組みとなります。
結局、流動性の罠の状況に限れば、MMTも主流派経済理論も財政政策が重要との結論は一致することになります。
日本の経済政策運営について以下はまさしくその通りであり、日本株について指数は個人的に引き続き投資妙味があると考えるのは難しい状態にある。日本株に限定していえば、個別株を吟味したほうが良いと思う。
> 2018年以降の日本の経済政策運営は、「ベーシックな経済理論を軽視した」緊縮政策となっており、その弊害のリスクは無視できない