新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINEにとっての「AIの実用化」という観点では、BtoC向けのプロダクト/サービスにどんどんAIと言われる技術を実装し最適化や自動化を実現していくことと、BtoB向けに自社プロダクトを販売/ 提供していくとのこと。

人材育成にもインパクトがあるので、どんどん進めてほしいです。

"LINEの全社的な方針として、AIの研究開発、投資、人材育成を進めており、内部でAI関連の技術を持ち、グループ外の企業への販売も目指しています。"
文中で3回も繰り返されるほど "「AI」にまつわる技術は米中のIT大手だけでなく日本でも開発している企業が多く存在" が強調されてますが、多くの尖ったAIで気を吐くベンチャー達は大手と異なり特異な領域にフォーカスしていると個人的には解釈してます。
その観点ではLINEも、得意なテキスト・スピーチ・ビジョンに集中するのは自然な事ですね。今後の豊富な事例がどんどん出てくるのが楽しみです。
LINE内で活用されていたAIのコア技術を外部提供するLINE BRAIN事業。

LINEという親しみやすいイメージと異なり、意外と賢い最先端のAI技術を外部提供し、アジア発のAIテックカンパニーとして先陣を切っていきます。

立ち上げから約1年。NPのジョブオファーで初期メンバーを募集したり、一部の企業様に先行提供してましたが、この度、幅広くSaaS提供を開始しました。

CHATBOTは、深層学習を含む複数のエンジンの中なから最適解を導くアンサンブル構成で、OCRも膨大な日本語を学習させており、どちらもグローバルベンダーより高精度を実現しています。

=参考=
CHATBOT https://www.linebrain.ai/chatbot/
OCR https://www.linebrain.ai/ocr/
Amazon、Google然り、AI実用化の観点ではC向けサービス企業がやはり有利。特にコミュニケーションプラットフォームとして自然言語の会話データを保有している点はLINEの優位点。ぜひ実サービスに早期に実装しトライ&エラーを積極的に行って欲しい。
各業界の脱電話をどんどん進めてほしいなと思います。各業界に最適化した電話対応と、顧客・受注システムとの自動連携が当たり前になれば大きな省人化に繋がりますし。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
130 兆円

業績

業績

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
4.01 兆円

業績

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
148 兆円

業績