新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私は毎日、大量の発症者と思しき患者を診察している。だが患者の数が多すぎて、とても収容しきれない。何せ隔離病棟は2棟しかないのだ。加えて、医療スタッフの一部も感染し、戦線離脱となってしまったが、その代役もいない。」というところ、現場の混乱が伝わってきます。

この中で「大量の発症者と思しき患者」というのが難しいです。診察や通常の検査で新型肺炎と普通の風邪とを区別するのは困難であり、その結果「本当は風邪だが新型肺炎の疑い」患者が極端に増えてしまいます。その患者たちを隔離した個室へ収容しても全く数は追いつきません。

日本で感染が拡大した場合も同様のトラブルは十分考えられます。新型肺炎を疑う時の基準とその後の手順を定めたマニュアルを周知し、シミュレーションしておくことが医療機関側には求められます。