新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアの不安の煽り方がやや過剰と感じられます。報じる側としては、アクセスが伸び、お金になるのかもしれませんが、読者の姿勢としては、公的機関などから根拠の確認できることを把握し、自分の身の回りにどのようなリスクの変化をもたらすかについて、冷静に受け止める姿勢が重要と思います。

日々コロナウィルスのニュースばかりが届きますが、日本の足もとでは、インフルエンザ患者が今週に入り再び急増しており、入院患者数も増加しています。

1週間あたりの死者は300-400名にも上る危険性があり、小さなお子さん、妊婦さん、高齢者などリスクの高い方は特に、発熱や呼吸困難といった症状に十分に注意を払う必要があります。

コロナウィルスとインフルエンザの共通した予防法は手洗い、マスクです。以下のニュースにコメントさせていただきましたのでご参照ください。

https://newspicks.com/news/4561501/

あわせて、コロナウィルスには予防接種がありませんが、インフルエンザには予防接種もあります。未接種の方は、今からでも遅くありません。過去に重大なアレルギーを起こした方を除く全ての方に適応がありますのでご検討ください。
まだ新型コロナウイルスの全容が掴めていないのに変異ですか。

ウイルスの生命力に人間はついていけないですね。

徐々に中国から情報が出てきているのは良い傾向ですが、世界的な対応が必要です。

お医者さんが病気に対して淡々とするのは何故でしょうか。
自分がかかるお医者さんも患者の不安な気持ちは分かってくれません。
病気を分かっているからでしょうか。もっと酷い事例を知っているからでしょうか。
いつもズレている気がするのです。
タイトルは語弊がありますね。変異を確認したというわけではなく、変異をする可能性をはらんでいるということです。
インフルエンザを含め、どのウイルスも変異をする可能性はあるので、当たり前のことが言われているだけです。
日本のメディアは、断続的にニュースを小出しするので、振り回されますね。
私は、2003年Sarsが大流行した当時、頻繁に海外出張をしていたのでよく覚えていますが、成田空港に到着しても、すぐに外には出られず、感染の疑いがある人の周りの席に座っていた人は成田空港のホテルに缶詰めにされていました。
ただ、当時と今では色々な条件が違っているので、必要以上に恐れるのは良くないのかもしれませんが、時期的に春節であること、中国人の移動人口が飛躍的に伸びていることを考えると、新型肺炎ウイルス自体はSarsよりも感染力が弱いとしても、やはり隣国の日本としては心配になるのは当然だと思います。
共同通信よりもこちらの記事の方が分かり易いと思います。
https://wired.jp/2020/01/22/chinas-swift-id-of-a-new-virus-is-a-win-for-public-health/
高級官僚国家が反知性的に偏向するのは日本も変わらないが、ここよりはいくらかマシかなと思った。