新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほど
-----
1990年には米国人1人あたり年間100キログラム(約97リットル)の牛乳を飲んでいたが、2018年は66キログラム(約64リットル)。30年経たないうちに3割落ち込み、供給過剰と酪農の収益性低下とのこと。
-----
アメリカでは健康や環境への配慮という牛乳に対する風当たりが強くなり、酪農家が業態転換して新しいチャレンジをするケースが。

アメリカという国の開拓精神みたいなものは大きな変化に強いと思いつつ、こういう流れは確実に日本みたいな外から新しいものを受け入れる国に必ずくるので、大手小売でも確実に売られ、棚を占めていく日がきそうですね
これ良い連載だな