新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんな追悼文読んだことがない。長いが最後まで一気に読んでしまった。坪内祐三氏を良く知る仕事仲間は深くうなづいたのでないか。彼の振る舞いを露悪的にバラしているように見えて、これ以上の評価はないという名文。草葉の陰で喜んでいるのではないか。
 一方で出版の世界で起きている退潮を身をもって伝えようという凄みのようなものも感じた。私が響いたのは以下の一文。
「だが、愚直にテキストと向き合い、不器用な七転八倒を繰り返して延々と効率が上がらない、そういう悪戦苦闘の営為から、真の知の果実が生み出されることを「1世代前に死んでいる」のかもしれない、古いタイプの読書人である私は、改めて強調せざるを得ない。」引用終わり

それにしても早死にだと思う。