新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プラスチック製ストローの廃止検討などは、グローバルな大手飲食店であれば既にかなり検討されていますが、下記のようなスタバの新たな取り組みには、なかなか踏み切れない事業者が多いのではないでしょうか。

•植物由来メニュー拡大(代替肉検討)
•容器の再利用検討
•廃棄物管理改善

なお、容器の再利用については、2018年に「プラスチックストローを全廃するかわりにプラスチック蓋をつけてそこから飲めるようにする」と発表した際に、結局プラスチックを使っているじゃないかと割と世間からの批判があったことへの挽回を込めているかもしれません。日本でも2019年、一部のスタバで容器のリユース実証をしていました。

廃棄物管理については、米スタバでは食品廃棄物はフードシェアがかなり進んでいるようなので(http://search.yahoo.co.jp/amp/s/yukawanet.com/archives/5026174.html/amp%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAe7O4dikjpiMzgE%253D )、やはり容器包装のごみ対策かなと想像しています。2018年にも、循環型紙コップへの助成プロジェクトがあったようですが。

いずれにせよ、ライバル事業者がなかなかここまで踏み切れないところを、トップランナーとして先導していく覚悟があると見ています。
スタバのターゲットである人々が、「こうしたらいいな」と思うことを、先駆けてオファーする提案力。
コーヒーを売るのではなくライフスタイルを提案して独特の世界観を作る手法は スタバならでは。
プラスチックは海洋投棄と、この手の普段利用とは別けて論じたうえで、後者は廃止よりもトレーサビリティとリサイクルに注力したほうが地球規模の最大効用となるという説があり、スタバはこれにのっとったと見られる。
アジア各国からもエモーショナルなストロー禁止が広がりつつあるが、反動はあるのではと思う。
ちなみにシンガポールではコーヒー紅茶のテイクアウトはビニール袋がデフォルトです。
最近の欧米企業の動きを見ていると、うわべだけの環境対応、CSR活動ではなく、消費者がこの動きを求めはじめているように感じる。

うちは前から色々取り組んでいるとか、うちの製品、サービスは素晴らしいからと、あぐらをかいていると、本気の企業、本気のお客様においてきぼりをくらうことになる。

この取り組みで必ず儲ける、お客様との絆を作ると言う決意がないと、お客様からの信頼が得られなくなる時代だと思う。
「スタバをきっかけに、代替肉を食べるようになる」こともあるかもしれない。
日常の中に、こうした提案があると、新しい選択肢を自然に生活に取り入れやすいと思った。
テイクアウト比率が高い業態が容器の改善に力を入れていくのはインパクトがあります。正直、今はストローなど既に製品化されているものだけ形として変えて後は静観しているところも多いので、製品単価が下がれば一気に動きそうでもあります。
5 things to know about Starbucks new environmental sustainability commitment
https://stories.starbucks.com/stories/2020/5-things-to-know-about-starbucks-new-environmental-sustainability-commitment/

A message from Starbucks ceo Kevin Johnson: Starbucks new sustainability commitment
https://stories.starbucks.com/stories/2020/message-from-starbucks-ceo-kevin-johnson-starbucks-new-sustainability-commitment

原典を確認と。Howだけ見ていても真似できないと感じます。
なぜ?そして何を目指しているのか?をよく理解することが必要と考えます。
植物由来のメニューってなんだろう?
ソイラテ(豆乳ラテ)は、前からあって目新しくないし、
何かを置き換えただけのつまらないものでなく、
この際食文化を変えるような新メニューが
スタバらしい型で出てくるのを楽しみに、
ハードルを思いっきり上げて待ってみたい。
いよいよスタバも。これは世界の流れですね。
米でヴィーガン論争も…「植物も “痛み” 感じる」と発見した日本人研究者 https://blogos.com/outline/335374/

プラスチック禁止が「環境破壊につながる恐れ」 英シンクタンク https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51043938
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
8.48 兆円

業績

関連記事一覧
「スターバックス」不正アクセスで被害 チャージ停止
NHKニュース
56Picks

米スタバ、4─6月期は既存店売上高が3年ぶりの高い伸び 来客数増える
Reuters
34Picks

スタバCEOが発表した2030年に向けたSDGsへの取り組み。植物由来のメニュー拡大など
ハフポスト日本版
18Picks

スタバ、紙ストロー来年1月から 夏までに全店で切り替え
共同通信
17Picks

新たなコーヒー体験をかなえる「スターバックス・リザーブ・ロースタリー 東京」の新商品をチェック 初の日本発信のカクテルも
WWD JAPAN.com
9Picks

「スタバよりタリーズ派」が密かに増えている訳 - 主張の少ない雰囲気が居心地いい
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
8Picks

スターバックスの新業態1号店!「スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り」がオープン
GQ JAPAN
6Picks

スターバックスがデジタルマーケターの採用を強化中 “感動体験”はデータの力で新たなステージへ
MarkeZine
5Picks

スターバックス リザーブ® ロースタリーの新メニューを満喫! おすましのようなカクテルを楽しもう
GQ JAPAN
4Picks

スターバックス、紙ストロー導入で”約2億本分プラスチックストロー”削減へ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
4Picks