新着Pick
584Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は使っていないですが、妻やその周辺が何でもメルカリというのを横で見ていると、とても楽しそうで、サービスとしてのメルカリは素晴らしいと思います。UXは洗練と改善を繰り返されていて、その点では素晴らしかった。

しかし、私の持論としては、マッチングが効率的というだけでは、リスクフリーの取引は競争優位性を維持できないと考えてます。
大きくなったとは言え5000億円ほどの取引規模は、楽天、ヤフーからしたら取り組めない規模ではない。

メルペイの後払いなどは、ユーザーの与信リスクを取っているので、大事な戦略だとは思います。が、金融リスクの取り方で優位性を得るにはより規模感がいります。小さ過ぎる。

出品手数料の10%、送料や振込手数料の外付けを維持するのは、簡単でなくなってくると思うので、市場はまだまだ伸びるとは思いますが、売上と利益の維持、向上をしていけるのか?

サービス素晴らしいと思いますが、メルカリという会社としては、早くアメリカ辞めて、メルペイもメルカリだけを見るようにして、国内の殴り合いに備えよと、上場来の安値水準にある株式市場からは見られているように思います。

上場していなければ、海外にももっとチャレンジして欲しいと個人的には思いますが、株価晒されてしまうと、打てる手は少なくなることもあります。
預かり金除くと現預金800億円。まだありますが、資本は450億円。四半期で70億円の赤字を続けるようだと、1年ほどで危険水域です。今のところ黒字化させると説明されてますが、アメリカうまくいっているようにも見えず。アメリカ撤退か、そろそろ増資検討してるのかなと推察します。
メルペイが他社のPayや融資と違うのは、返済期限までにメルカリで物が売れれば、その売上金で返済することができるということ。返済を自分の保有物の売り上げでまかなう。この発想はすばらしい。
メルカリの今の売り上げはどうなっているのか、なぜコンビニに梱包材を置いたりしているのかなど、今のメルカリの状況について詳しく語っていただきました。

また。一次流通との向き合い方、一緒にどんなことができそうか。巨大プラットフォーマーではないからこその戦略は、いつ実現していくのかも注目です。
メルカリの利用者拡大のためのリアルな「教室」の展開はテレビでも取り上げられ、面白いと思うものの、この手のイベントは単純なROIで測ってしまうと全くあわないことがほとんどな一方で、ちょこちょこやってもあまり意味はない取り組み。かなりの長期目線で、販促ではなく広告投資という気持ちで、大きな投資をして大規模にやり続けないと意味はないものですが、大規模実行部隊を組織してやりきる、というほど本腰を入れたものなのかは気になります
ミドルシニア層をターゲットにとの事ですが、最近私の近親のミドルシニアも不要なブランド品(時計)を某買取店に持ち込んでタダみたいな価格で買い取ってもらっていました。それを聞いてメルカリで同タイプの時計を調べてみるとあまりの価格差に愕然としていました。これがC2C市場の魅力の1つですが、この実体験をまずは1度させる事が本当に重要だと思います。メルカリ教室という一見地味な施策に映りますが、私は上記理由からもとても効果的な施策のように思います。ただ、リーチできるユーザーボリュームが限定的である事からかなり根気のいる施策ではありますね。
出品を増やすためにも、メルカリは一次流通が欲しかったはずです。ZOZOなどの一次流通との提携は、メルカリにとって一つの選択肢ですが、Yahoo陣営に取り込まれたことで、打てる手も限られてきています。

この局面をどう打開するのか。ペイメントも海外も厳しい中で、本丸の国内フリマは成長を維持できるのか。正念場だと思います。
109の福袋の取り組みはとても面白いし、「なるほど!」と唸らせる。

一方でそのような出品を促す施策をどれくらい高速で試せるかに今後の国内の成長がかかってる。そして、それをやり切るのはとても大変ではある。期待しかない。
リアル店舗のRe業態も商材の仕入れとその在庫をどうするかが肝の部分です。記事にもありますが、ミドルシニア層の開拓と活性化は必須な中、今のやり方を踏襲していくのかどうかも気になるところです。
マーケットプレイスだから当たり前ではあるのだが、改めて需要と供給がマッチするかで購入体験が変わった、一人当たり在庫が重要というのは、本当に市場そのもので興味深い。
通常の小売のように
単に調達をすれば良いわけではないので、
フリマの在庫をコントロールは、
想像以上に大半そうですね。

出品数が少し多いくらいがちょうど良いのでは
ないかと思いが、成長しながらその状態を維持するのは
大変なんだと思います。

メルペイの後払い利用者がメルカリでの出品を増やす流れは、
とても面白い取り組みですね。

あと、リアル店舗中心の一次流通と
オンライン二次流通のメルカリの関係性が深まり
一次と二次の壁を感じない体験ができるようになれば、
面白いですね。
ワクワク想像しながら読んでしまいました。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績