新着Pick

韓国、素材・部品の「脱日本」加速 「寝た子起こした」

朝日新聞デジタル
韓国が素材や部品、製造装置の「日本頼み」からの脱却で成果を出し始めている。日本政府が昨年7月に強化した半導体材料の輸出規制を受けたものだ。歴代政権の国産化の取り組みは実を結ばず、日本側も冷ややかにみ…
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
制裁や輸出管理強化など、相手国の脆弱性を狙い撃ちにした、いわゆる「エコノミック・ステイトクラフト」を実施すれば当然その脆弱性を回避するための行動を生起させる。通常は脆弱性を回避するためのコストが高いため、外国(この場合日本)に依存しているが、国家的な危機だと感じればコスト度外視で国産化を進めることができる。問題は、そうしたコスト度外視が製品価格に反映され、競争力を失うという可能性があること。かつてアメリカのITARによって衛星を中国のロケットで打ち上げられなくなった時、欧州はアメリカ製品を使わないITAR-FREEの衛星を作ったが結果的に中国のロケットの安さよりも、ITAR-FREEの衛星を作るコストが高くなりすぎて破綻した。韓国の半導体産業もそうなる可能性を秘めている。