新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナウィルスの報道にはこれまでも複数コメントしてきましたが、各報道には、情報源に偏りがあったり、十分にpeer reviewが働いていない不正確な情報も含まれますので、あまり煽りには便乗しないよう注意が必要と思います。厚生労働省からの更新情報もぜひ参照してください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08998.html

また、少し視点を変えると、報道数のバイアスにも注意した方がいいのではないでしょうか。今年はコロナウィルスの報道に目が奪われ、紙面が割かれるあまり、例年紙面を賑わすインフルエンザの報道が激減しています。これはこれで異常ではないかと思います。

日本では、インフルエンザにこの1週間で78万人が感染し、100名を超える方が命を失っています。先週からの増加が報告され、これから本格化する可能性が厚生労働省から伝えられていますが、あまり取り上げられていません。

コロナウィルスへの懸念があるのはもちろんですが、木を見て森を見ずにならぬよう、そしてバイアスに飲み込まれぬよう、広くアンテナを張っておく必要があるかと思います。

最後に、WHOは手洗い、マスクといったコロナウィルスに対する基本的な感染予防策をまとめています。これはインフルエンザにも通じるところがあるものです。英語ですがそちらも併せて共有します。

https://www.who.int/health-topics/coronavirus
新型肺炎に対する見方は、ヒト-ヒト感染が確認されるようになってから大きく変わりました。
状況の解釈を難しくしているのは

・疾患に特異的な症状がなく、重症化するまで普通の風邪と見分けがつきにくい 
・報道されている罹患者数はどのようにして診断されたものなのかはっきりしない

という医療的な側面に加え、「中国政府が情報を隠蔽している可能性がある」という社会的な側面がある気がします。
インフルエンザA型に絶賛罹患中の自分としては、まずインフルエンザに罹患しないように注意しようと報道するのが先かと思うんだけどなぁ。
ただすごく不思議だなと思うのは、こういう新型ウィルスみたいなものって、なぜ欧米の年から発生しないのだろうか?

やはり公衆衛生の問題なのかな?
武漢だってだいぶ大都市の部類に入るんだと思うのですが…
昨日まで中国にいましたが、中国では殆どニュースが流れていません。
これからチャイニーズニューイヤーで中国人が旅行に出るので、心配です。
新型肺炎を世界中にばらまかれたら困ります。
私のいるフィリピンのように発展途上国だと対策のしようもありません。
何か、中国政府が感染拡大防止の手立てをこうじて欲しいです
"このウイルスの遺伝子コード(塩基配列)は、ヒトに感染するコロナウイルス(今まで6種類が知られている)の中でSARSが最も似ている"(意訳)
https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-china-51171035
手洗い励行、人混みや公共交通機関でのマスク着用、予防でこれに勝るものはないのではないでしょうか。私もこれしかやっていません。

予防接種も一切やっていませんが、子供の時以来インフルエンザにもかかっていません。

あとは気合い笑
気力が充実していれば風邪への抵抗力、免疫力も高まりそうな気がします。
厚生労働省も医師も冷静な対応を呼び掛けていますが、国民の考え方は違うと思います。

医師は、時々、『このような病気は大したことない』みたいなことを重い病気と比較して言いますが、病気は全て患者を不安にさせるものです。
インフルエンザと同じと言われたところで、心配なものは心配です。

ただ、自衛策をしっかりと打ちたいだけです。
感染した時に、亡くなるのは、まずは高齢者や子供なので、守りたいのです。
パニックにならないと思います。
時期的には最悪ですね…中国での春節は、2020年は1月24日(大晦日)の土曜から1月30日木曜までの7連休、この間、大陸内で民族大移動が発生します。

中国大陸内を飛行機、高速鉄道などで移動することによる国内感染拡大、加えて、春節に里帰りする海外居住の人たちへの感染による海外への感染拡大…普段ではなく「春節期間」特有のリスクです。

中国政府も、重々承知だと思うので、ここは政府の危機管理施策に期待するしかありませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
一口に人から人への感染と言っても、どの程度の接触レベルで感染リスクが高まるかはかなり幅のある話です。医療専門家による適切な情報に基づき、「正しく警戒する」態度が必要と思います。
昨日のニュースを見てびっくりしたことは、藤岡さんがコメントされていますが、中国の方で、コロナウイルスによる肺炎の発生を知らない人がいたことです。
国土が大きいとはいえ、中国政府がきちんと水際防止対策をやっているのか?最終から、どうしても信じきれないのは、やはり中国の情報統制があるからです。

もちろん、今は日本でもインフルエンザ最盛期です。自己防衛をきちんとする基本が大切なのは理解していますが…