新着Pick
600Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップ含めて新事業を企画すると必ず来る質問が「ネット大手が参入してても勝てるか?」というもの。チャレンジャー側の強みは一転突破とスピード。まさにその通りに突っ走ったメルカリが、楽天、ヤフーという大手に挟撃されて削られるという展開になってます。それだけ市場が大きくなったということですね。しかし、フリマはメルカリの半分もあるんですね。さすが楽天です
今年のNRFではRe-Commerceという言葉が出てきた。もちろんこの記事にあるようなフリママーケットも指すが、より環境負荷の低いビジネスモデルを目指すもの(容器のリサイクル、リフィル)や、ブランド自ら自社ブランドの買取、リセールを仕掛ける事業(Re-Branded Commerce)も含まれている。

日本のビックプレーヤー、プラットフォーマーの戦いはお客様が中心ですが、NRF では事業会社が自ら売った後にコミットを持ち出すビジネスにも注目が集まる。

Re-Commerce市場は伸びている。

この市場をビックプレーヤーだけのものにするのはもったいない。事業会社も入り込む手法を考案するべきだし、それがお客様との新たな関係を作り出す可能性がある。

やはり、いろんな意味で売ったら終わりの時代は終わりだ。
次のカスタマージャーニーにまで入り込める事業会社が求められる。
2019年下半期、日本のプラットフォーマの再編がいくつかありました。そのニュースの最中、「ではメルカリはどうなのか」そんな話を聞く機会が多かったように思います。

家庭内にある不用品は一年で約7兆円、二次流通を扱う企業は、それを市場の最大値の参考としてあげます。フリマアプリ市場は伸び代の塊です。

市場が成長していった先には、どんなプレイヤーどれくらいのシェアを持って市場を作っているのか。日本流のプラットフォーマーの共存のあり方がそこにはあるかもしれません。メルカリが切り開いてきた新しい市場がどのような歴史を作っていくのか。注目しています。
代行サービスなども出てきてる事を考えると
これからは、出品する事や発送する事などの手間をどう下げるか?
などアプリ利用時の外でのUXが重要になってきそう
メルカリは「Winner Takes All」という認識で、大規模な資金調達をして、一番手ではないながらもトップとなった。
一方で、「Winner Takes All」は変わらずに、もっと資金を投入して、フリマアプリ以外も含めたWinner Takes AllをEC・ネット大手が仕掛けてきている状態。ポイント含めた長期の資金勝負になってくと、ヤフーや楽天が強いし、メルカリは米国にもメルペイにもお金を使ってる状態。
エコロジー観点からも、フリマの存在意義はおおきい。新商品の購入時点で、フリマでその商品をいくらで売れるかを確かめられるサービスがあれば、便利ですね。(すでに考えているようですが)

決済もエコロジー。フリマで売ったお金で、フリマから商品を買う、という循環がつづきます。

決済がフリマ売上を伸ばし、フリマ市場の成長が決済を伸ばす。お互いに親和性が強い。
メルカリの国内売上は、微減か…。
まだまだ、市場拡大してそうなんですが、PayPayや楽天の攻勢があるからなのか?
Yahoo!のオークションとフリマの2種類のC2Cを持ってるのは強みになりますね。フリマは即決。オークションは時間をかけてするゲーム的要素。
興味深い戦いが繰り広げられる市場ですね。
メルカリの強みはメルペイでコンビニで買い物に使えること。
売り上げをどうするか。メルカリ内で使ってものを増やすよりも日常に使えることで回る。

メルカリの出品教室や売上金の使い方をレクチャーする教室があるのは良いことだし、根付いていくのでいい策だと思っています。
メルカリのすごさはこのタイトルに表れていますよね。だって楽天とヤフーの方がずっと前からフリマサービスを提供していてむしろ追いつかれた側なのに、もう立場が逆転している。

90年代からネット使っているおじさんにはすごい話です。あの楽天とヤフーの牙城を誰かが崩せるなんて思ってなかった。

今後の競争が変わるとしたら3つポイントがあるかと思っています。

1.メルカリがリードした要因の一つがスマフォネイティブだったということがあるんだとしたら、次の転機はプラットフォームの変革が起きるタイミングかと思います。

2.目利き・値付け機能をどう取り込むか。アマゾンを見ていても中古を事業者が販売している。古くからあるこの課題は中古品だからこそ発生するわけで、かつ実物見ないと判断できないので物流の問題も絡んでくるところが簡単には置き換わらない印象。専門家を絡めたCtoBtoCをスムーズにできるところがまだ利益が生まれるところかもしれません。いわばセドリのプロなわけで。

3.越境はまだアービトラージの余地があると思います。ヒントはブラジル。ブラジルは高関税なので携帯などは中古でも日本の新品と同じ価格で売れることがあります。日本の物価が低いことに加えて、中古になった減価償却幅が大きいという低価格を軸に他国展開は全然ある話。
先日のカンブリア宮殿で創業者の山田進太郎さんが、メルカリがここまで伸びたのは、他よりちょっと使いやすい、などといった少しの差がいずれ大きくなっていったからだ、と仰っていたのが印象的でした。Go Mercari!
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
ぷらっとホームは、東京都千代田区に本社を置くコンピュータ周辺機器やネットワーク機器の販売を(一部企画開発も)行う企業である。 ウィキペディア
時価総額
15.3 億円

業績

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.90 兆円

業績