新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発言しているのは国会議長のラリジャニ氏で、最終的な政策決定の中枢ではない、というところがミソ。ある種の観測気球というか、欧州がイラン核合意の紛争解決メカニズムを起動したが、現在は合同委員会での調停段階。それに対する揺さぶりとして見るべきだろう。これがロウハニ大統領やザリフ外相の筋から出てくるとちょっと危なっかしい話になるが、今のところは交渉戦術の一環としての発言。しかし、IAEAの査察を排除する可能性があるという示唆をした点は重要な意味を持つ。
英独仏が「紛争解決手続き」を発動を受けてイランが反発しています。