新着Pick
536Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前やらせは不自然な日本語でのレビューが多かったので見分けできましたが、手口が巧妙になってきており消費者にはより高度な判断が必要となってきています。同時にサクラチェッカー(https://sakura-checker.jp)のようなさくらレビューが簡易にわかるようなサービスも展開され始めています。当たり前ですがいたちごっこですね、、、プラットフォーム側としての自発的且つ積極的対策が必要です。
この仕組みはNHKのクローズアップ現代も報じていました。メルカルなどが普及したからこそ成立している側面もあります。インターネットに流れる広告費では、アドプラウドやビューアビリティ、ブランドセーフティーが問題になりました。広告効果が可視化されるインターネットの特長を逆手に取った詐欺商法です。この防止策はかなり進みましたが、敵もさるもの、それを横目にレビューという詐欺商法がまた跋扈しています。

仕組みの部分を引用します。
一体いくらぐらい支払うのですか?
「商品代をそのまま返金しています。レビュアーは実質的にタダで手に入れた商品をすぐにネットで転売して、自分のもうけとしています。もっとも高価な商品であれば、五つ星と商品を褒めたたえる書き込みだけでは、全額は返金しないのが坂田地区の通例となっています。様々なオプションを用意し、それらをすべて実行して初めて全額を返金することが多いですね」
私は、Amazonにしても旅行サイトにしても基本的にレビューを読みません。
食べログなどグルメサイトにいたってはサイト自体をまったく見ません。

他人の評価を参考にすることは選択ミスを防ぐリスクヘッジになって便利なのかもしれませんが、なんだか他人の人生をなぞっているみたいで。

自分は自分の価値観・評価軸で何事も選択しますし、しくじったときも含めて人生を楽しみたいです♪
量で評価することの限界。
Googleの被リンクとかもそうだったが、その指標が注目されていないうちは意欲がある誠実なもので世界は構成されていて、良い結果につながる。一方で、それが注目されるとハック(というよりクラック)される。
フォロワー数とかに代表されるインフルエンサーも、そういう側面があると思う。
使わないにしろ一度はちゃんと物を購入した人が書き込んでいることに驚きです。全く物と接点のないところで適当に書き込んでいるのかと思いましたが、手口が非常に巧妙ですね。

私は物のレビューはあまり参考にしていませんが、旅行のレビューはまだ信じています。甘いでしょうか、、、
ポイントは以下の部分だと思います。こういった人たちが、かなりの数います。

発見しても削除するだけであれば全く懲りず、いたちごっこが続くだけです。

撲滅するためには「詐欺罪」(例)のような法律的な処分がないと難しいと思います。

以前、中国で「クラクションを鳴らさないように」との通達が出ましたが、ほとんど誰も守りませんでした。しばらくして、「罰金」が課せられるようルールが変更されたら、パタリとクラクションがなくなりました。

そういう世界であることも理解する必要があるかもしれませんね。
中国も、国内も、そういった面は、同じだと思います。

(以下、記事中から引用)

ーところで大勢の消費者をだましていることについてどう考えていますか?

王:罪悪感ですか? ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
そもそもレビューにはフェイクが混じっている、もしくは大半がフェイクであることを前提に考えるだけだと思うのだが。こんなのいくら取締ってもイタチごっこなんだからなくならない。騙されたぁとか思うぐらいならお店に買いに行けばいいんだよ。
アマゾンに限らずですが、多くのサイトでやらせレビューが横行していると思います。

その事業者による高評価のレビューもあれば、同業者の足を引っ張る低評価のやらせレビューもあります。

真面目に良い製品を送り出している小規模な事業者が割を食うのはおかしいです。
EC事業者だけでなく、飲食の紹介サイトなどもレビューについて調査を進めるべきだと思います。

具体的には、レビューは購入者のみしか行えないようにし、本人確認の手続きを必須とし、
更には、レビューのモニタリングをし、その傾向から悪質かどうかを判定するなどしてほしいです。

正しい情報提供が行われなければ、レビューの意味、そのサイトの存在意義は薄れます。
「たまたま不良品を受け取った購入者がつけた低評価のレビューを目立たないようにするためにも、」

確かに、高評価のなかに極端な低評価が混じったレビューの製品を見たことがあります。

まずはこういう低評価をアラートにすることが有効なのかと感じました。
なんか1週周った印象。2週目は選ばれた人がレビューするみたいな、雑誌の企画がもっとデジタルでかつ多数から意見を受けて民主化されたみたいな方向になるんでしょうが、過去のキュレーションメディアの問題を見ても、NPのプロを見ても、なかなか決定的なソリューションが出ていなそう。

堀江さんのTeriyakiとかのアプローチが正しい気がしていて、タイミング的にもよいのでさすがだなと思っていますが。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
117 兆円

業績