新着Pick
422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週のニュースの中では、ナイキの厚底シューズが注目を集めましたが、個人的には、コカ・コーラが発売した檸檬堂の出荷停止が印象に残りました。

飲料業界の世界トップ企業であるコカ・コーラですがマーケットは頭打ちで、次なる成長の柱を探しています。以前からアルコールがその1つと言われており、昨年世界で初めて本格参入した舞台が日本でした。

アルコール業界が高をくくっていた中で、檸檬堂が大ヒット。当面は日本で、飲料と製造設備の一部を共有できるチューハイがメインでしょうが、将来的には世界展開もあり得ます。

今後、コカ・コーラのアルコール事業がどう変化するのか。グローバル戦略の試金石として日本で実験が行われていると考えると、今後の展開が楽しみです。
VISA、Paypay、決済周りはキャッチアップしておきたいです。

Weekly update が凄くシンプルなものになったので、ニュースを追い続けていればありがたい。一方、キャッチアップできていない人は、「もっと深堀りしたい人へ」を見ておけば良いので、全体として使いやすくなった印象です。

paypayの動向は抑えておきたいですね。いくつか「The Numbers」より抜粋。

・還元率が20%だった1回目、2回目に対して、3回目は40%

・一月の還元金額が上限50,000円だった1回目、2回目に対して、3回目は1,500円

・吉野家、すき家、松屋、日高屋、はなまるうどん、サンマルクカフェ、サーティワンアイスクリームなどの大手飲食チェーン店6500店舗以上。そして、日本コカ・コーラの最新型自動販売機(Coke On対応機)の21万台が対象

・還元される金額は1回当たりの飲食で最大500円(つまり1回あたり購入金額は1250円まで)。期間中に還元される合計は、1500円まで(購入金額の合計は3750円)に限定

今回は、ユーザー層の拡大を目指したものと思われます。
1回目は、還元額を大きくするために大きな買い物で一発の人がお得。
2回目は、一回当たりの還元額が1,000円だったので、日常的に使うように。
今回は、還元の絶対額よりも、日常的に小額を使う店舗や自動販売機で、低所得層まで囲いにいった印象です。

QR、バーコード系は、使う方としてはアプリ立ち上げ、バーコード読み取ってもらう、読み取りできない場合は金額入力してと面倒ではありますが、還元が多いので、ついついpaypayで支払うようになってしまった自分がいます。
お得であれば、使ってはしまいますよね。まだ赤字を続けてますが、どこかではユーザー体験の改善も遠くない将来にされていくのでしょうか。
2020年から決済は、QRコード対NFC非接触の戦いになります。NFC非接触はまだ普及していませんが、そのスピードはQRコードやIC、そして現金を凌ぎます。

SMCCのカードに搭載されたNFC。モバイルにも連携され、国際標準のApple PayやGoogle Payで利用できるようになります。

そうなるとモバイルQRコード対モバイルNFC非接触決済の戦いになるでしょう。キャッシュレスはますます進展しそうですね。
企業努力をもって、選手のサポートを通じて、偉大な記録を打ち立てることは、純粋に素晴らしいと思う。同じスポーツの世界である、ゴルフの世界では同様な問題(厚底シューズはNG)はなぜ起こらないのか…?個人的には、ゴルフクラブの性能次第でボールが遠くへ飛ぶこと自体、反則的に思える…。プレイヤーの技術・技量によって結果が異なるのだろうと思うが…、ランナーの技術・技量次第で速くなるのは、なぜNGなのか?そこも含めて、選手の努力したきた成果の集大成=記録更新を素直に喜びたいと思うのは、私だけだろうか…。
PayPayの約500億円の投資は、回収できるのでしょうか?

完全な力技なので、ハズレた時のダメージは少なくはないでしょう。

それだけの覚悟で臨まれているとは思いますが、インセンティブが切れた後に、どうなるか?

クレジットカードのタッチ決済も入ってきましたし、まさに「決済戦国時代」ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
17.7 兆円

業績

時価総額
28.2 兆円

業績