新着Pick
384Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
RFIDの単価が下がることは必須。ユニクロがRFIDにできているのは、個別の製品の単価が数百円~数千円だから。スーパーだと数十円単位のものもあり、それらはRFIDにするとコストが高いし、RFIDのものとそうでないものが混在するとオペレーションが煩雑。
レジ、在庫管理、ダイナミックプライシング、様々な領域で変化が起こる。
今後の流通における効率化・高度化が見込めます。

ICタグ(RFID)はその価値の高さがボトルネックになっていました。
使えるのは、倉庫と店頭での在庫管理だと思います。

今は在庫の棚卸しを時間をかけて行っているところが多いと思います。
しかし、RFIDが安価になり、パレットやダンボール単位で在庫が分かれば、RFIDのレシーバーでリアルタイムで在庫が分かります。
もちろん、商品単位につければ、店頭在庫も分かります。

更には、価格情報までつければ、会計時に瞬時にスキャンし、会計を早くできます。
また、RFIDに個の商品ごとに識別するIDを持たせれば、産地や材料や物流の情報をブロックチェーン等で別途記録し、トレーサビリティも実現できます。
これは、2つの決定的インパクトがありますね!
一つ目のコストダウンによるICタグが取り付けられる商品の拡大。これは誰もが言ってることです。
もう一つは、ICタグをつけるのは、メーカーなのか、卸なのか、小売りなのかという議論に、終止符が打たれますね。
バーコードのように印刷できるようになるので、RFIDを取り付けるのは、メーカーになります。
あとは、凸版印刷なども同様の技術を持てば、一気に変わりますね。
また、AIビジョンとの戦いにも、勢いが増しそうです!
RFID関連の技術、サービスの展示が増えてきた。
タグの取り付けをどうするかが一番の課題。

『RFID、ついにくる? 世界最大の小売展示会「NRF 2020」でみた一大潮流【鈴木淳也のPay Attention】 -』
https://newspicks.com/news/4550619/
RFIDはもう何年も10円からコストが下がっていない。本当に2円で作れるなら、なかなかたいしたもの。500億円の売上目標は低過ぎるぐらいだ
ICタグが注目されてから20年以上が過ぎました。コストを2円まで下げるこのイノベーションで普及が爆発するか。5G開始などIoTの環境が同時期に揃ってくるのは偶然じゃないのでしょう。
あらゆるセンサー素子がスマートフォンの爆発的な普及による恩恵で技術革新と共に単価が劇的に下がってきた背景と同じく、RFIDも普及させるに足りるドライバーが求められているということだと思います。「あればいいよね」からの「ないと困る」への転換はここ数年のテーマ。
ついに一枚2円以下に。
IoTにとってICタグはそこまで重要ではない。
メインは通信規格とデータの処理。
いよいよICタグの時代か。待ちくたびれました。
東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社、東京都中央区日本橋室町に東京本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。 ウィキペディア
時価総額
8,190 億円

業績